幸福に生きる鍵は、自己肯定感にある:わたなべぽんさん著「自分を好きになりたい。 自己肯定感を上げるためにやってみたこと」

自己肯定感が高いと、
気分がいいし、
意欲が湧くし、
ワクワクします。

たとえば先日、
1年間の継続型勉強会を
やりきったことを書きました。

その記事はこちら。

こういう時は、
自己肯定感が高まります。

しかし、
こうした「外の要因」に
自分の自己肯定感の
上げ下げを任せてしまうと、
それはそれで大変です。

広告


刺激を常に
求めるようになってしまう。

理想は、
普段から自己肯定感が
高いことです。

そうすれば、
基本的にハッピーに
生きられるということになる。

幸福に生きる鍵は
ここにありそうです。

では、どうしたら
自己肯定感を高く
保つことができるのか。

その一つのヒントは、
この本にあると思います。

自分を好きになりたい。 自己肯定感を上げるためにやってみたこと
わたなべ ぽん
幻冬舎 (2018-10-25)
売り上げランキング: 2,624

一言で言うと、

「子供の時に
やりたかったことを
やってみる」

著者のわたなべぽんさんが
それをやってみた体験記が
この本です。

ああ、そうそう。

そんな感じで
読んでいて
共感するところが多く、

途中なぜか
泣きそうになってしまったのは
秘密です。

マンガでサクッと読めるので、
是非読んでみてください。

滝川より

無料メルマガやってます!

平日毎朝、気軽に読めるお手紙が
あなたの元に届きます。

登録は以下からどうぞ

ワークショップ情報

●4/19(金)
19時〜21時

●4/26(金)
19時〜21時

【限定6名の募集】4月から、自分らしい生き方を取り戻す『お稽古』 はじめます!

1年かけて、
毎月継続して学ぶ場
「スタオバプログラム」

セミナー動画も提供してます!

個人セッションのお申しこみはこちらから

平日18時以降、
都内でお受けしてます。

遠方にお住まいの方でも、
オンラインで対応可能です。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

Avatar photo

滝川 徹

1982年東京生まれ。

慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成し、およそ7時間の自由時間の創出に成功する。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。その後講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動をスタート。2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、月4時間だけ働くスタイルで個人事業で4年間で500万円の収入を得る。

あわせて読みたい

広告