他人に嫌われないよう生きるのが嫌になったらまず「夢中になれること」を見つけること-自分の中の「ここだけは譲れない」を増やしていく生き方

他者よりも自分の「やりたい」を優先して、ありのままの自分で生きること。

この生き方を貫くためには、自分の中で「何を大切にするのか」、優先順位が明確になっていることが重要です。

もう少し噛み砕いて言うと、「自分にとって何よりも優先すべき大切なもの」を知っているということ。「ここだけは絶対に譲れない」ものを持っているということです。

広告

人生の優先順位が明確になっている人は、「ここだけは絶対に譲れない」が明確な人

例えば僕にとってこのブログはとても大切なものです。僕の人生の中で最も優先順位の高いものに分類されます。

なぜなら、このブログはありのままの自分を表現できる場だからです。これを失うことは僕のアイデンティティを失うことに近いわけです。

例え愛する妻からこのブログをやめなさいと言われても、僕は絶対にこのブログをやめることはありません(もちろん優しいマイワイフはそんなヒドいこといいませんが)。

僕は妻から言われたら大概のことは従いますが、ここだけは絶対に譲れないわけです。

そう。この「ここだけは絶対に譲れない」が明確になっていること。それが自分の中の優先順位が明確になっているということなのです。

自分よりも他人を優先してしまうのは「ここだけは絶対譲れない」のバーが低いから

僕達は日常の中で、他人から嫌われないがために、小さなガマンを積み重ねています。

自分の「やりたい」、「やりたくない」よりも、他人の目線を気にして、勝手に「譲ってる」のです。

ではなぜ安易に譲ってしまうのか。

それはあなたの中で「ここだけは絶対に譲れない」ものが明確になってないからです。あるいはそのバーが低すぎるのです。

「バーが低い」とは、自分にとってものすごく嫌なことでない限り、ガマンするということです。

極端な例で言えば、人から「40キロ走ってこい」と言われれば断るけど、「100メートル走ってこい」と言われたら走ってしまうような人。そんなイメージです。

自分の中の「ここだけは絶対譲れない」のバーが低い人は、自分を粗末に扱っている人です。

自分を粗末に扱う人は、他人からも粗末に扱われます。

だからこそ、「ここだけは絶対譲れない」のバーを上げていくことが大切なのです。

「ここだけは絶対譲れない」を増やすには夢中になれることを見つけて続けること

そのために必要なこと。それは夢中になれるものをまずは見つけることです。

夢中になれるものを見つけてそれを続けていくと、それはあなたの人生の中で大切な存在になっていきます。

理由は単純です。

それに費やしている時間、あなたは幸福だと実感するようになるからです。それはあなたの生きがいとなっていくでしょう。

僕の場合、夢中になったこと。夢中になることを見つけたこと。そのきっかけになったのはこの愛すべきブログでした。

この愛すべきブログをはじめて、なぜこのブログが僕の中で「ここだけは絶対譲れない」に成長していったのか。

その辺の話もふまえて、明日以降また続きを書いていきましょう。

今日からあなたにできること

自分が今までの人生で夢中になってきたことをまず思い出してみよう。そしてその時間を少しずつでいいから、増やしていこう

こちらのエントリーもあわせていかがでしょう?

あなたにオススメ

無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法
勝間 和代
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 132,118
「週4時間」だけ働く。
ティモシー・フェリス
青志社 (2011-02-03)
売り上げランキング: 14,484
「好きなこと」だけして生きていく。 ガマンが人生を閉じ込める
PHP研究所 (2015-02-13)
売り上げランキング: 2,101

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック