わがままに生きると、他人から「愛されてる」「認められてる」と感じるようになる理由

5年前まで、僕はずっと同僚から、「愛されない、認められない」と感じていた。

仕事は一生懸命がんばっていた。

自分なりにだけど、他人のこともできるだけ大切にしようとしてきた。

でも、愛されない。認めらない。そんな風に感じていた。

その一方で、僕から見ると仕事がデキない人や、空気を読まずに自由に働いているように見える人のほうが。

愛されている、認められているように見えた。

どうして世の中はこうも理不尽なのだ。そういつも怒りを感じていた。

しかしここ数年、無理してがんばるのをやめて、わがままに生きるようになってみると。

職場の同僚から愛されている。認められている。そう感じるように変わった。

どうしてこんな不思議なことが起きるのだろうか。

あらためて自分の経験をふりかえって、考えてみた。

わがままに生きると、他人から愛されてしまう。認められてしまう。

少なくとも、自分自身はそう感じるようになる。このことについて、今日は書いていこうと思う。

今日も早速いってみよう!!!

広告

昔は「愛されてた、認められてた」と「感じられなかった」

今だからこそわかるが、当時の僕はすでに同僚から愛されていたと思う。認められていたとも思う。

ただ、当時の自分はそのことを「感じること」ができなかった。それが問題だった。

どうして「感じる」ことができなかったのか。

それは、今思うと。

僕の前提が「愛されない、認められない」だったからだと思う。

「自分は愛されない、認められない存在なのだ」と。無意識の深いところで、信じていたように思う。

人は自分が見たいように世界を見る。解釈すると言われている。

たとえば全く同じ職場に二人の人間がいたとして、片方は「同僚はひどい人達だ」と言い、もう片方が「同僚は素晴らしい人達だ」と言うケースがある。

二人とも同じ職場にいるのに、こうして評価が異なるのは、2人の世界の見え方が違うからだ。

「僕のまわりには、ひどい人が集まる」と信じてる人にとっては、同僚はひどい人達に映る。

「僕のまわりには素晴らしい人が集まる」と信じてる人にとっては、同僚は素晴らしい人達に映る。

僕の場合は、「自分は愛されない、認められない存在なんだ」と信じていた。

だからこそ、「愛されている、認められている」という現実が目の前にあったにもかかわらず、それをそのまま受け入れることができなかった。

わがままに生きると、「感じ方」が変わる

しかしおもしろいことに。

5年程前から、わがままに生きるようになって。僕は「自分は愛されてる、認められてる」と感じるようになった。

それは、「素の自分」が受け入れられているという感覚があるからだと思う。

それまでの僕は、がんばらないと。人のことを優先しないと。

愛されないし、認められない。そう、思ってきた。

でも、そんなことしなくても、そのまんまの自分でも、人から受け入れられる。

そう感じられるように、変わった。

僕は愛されてる。認められてる。

そう感じるようになった。

無理してがんばってしまうのは、「そうしないと愛されない」と思ってるから

昔の僕がそうであったように。

あまりにも多くの人が無理してがんばりすぎてしまうのは、「そうしないと愛されない、認められない」と信じてるからだ。

自分はがんばって他人の役に立たないと、自分は愛されない、認められない。

その「前提」を変えない限り、僕達は自分がすでに愛されてること、認められていることを受け入れることができない。

むしろ、自分が愛されていない。認められていない。その証拠を、集めようとしてしまう。そのように、現実を見てしまう。

なぜなら、「自分はがんばって他人の役に立たないと、自分は愛されない、認められない」。

そう信じているからだ。

まとめ

愛されたい、認められたい。そう願うなら。

ムリしてがんばることをやめて、わがままに生きることだ。

無理してがんばることをやめて、自分がやりたくないことをやめていくことだ。

できるところから、少しずつでいい。僕も、少しずつはじめていった。

そうしたら、半年も経たずに、「愛されてる、認められている」と感じられるようになった。

信じられない話かもしれない。それはそれでいい。

今の時点では、「そうなのかもしれない」と思ってさえもらえれば、僕はいいと思っている。

僕の体験は、本に記した。もしよかったら、拙著も読んでみてほしい。

あなたが昔の僕のように、同僚から「愛されない、認められない」と感じてるなら、きっと役に立つ。

ということで、参考にしてほしい!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、会社員として働きながら、2018年の順天堂大学での講義をはじめ、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動中。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告