iPhone6plusの2つのメリットとデメリット

iPhone

iPhone6Plusを3日間使ったので現状の感想を紹介しよう。
iPhone6+が届いたので大きさとか感じたこと書いてみる | dream4luckのいつでも 「スタオバ」!!!

やはりなんといっても画面が美しい

操作をしていて画面がとても綺麗で、かつ、画面が大きいので操作していて楽しい。kindleも画面が大きくてとても読みやすい。

iPhone

前評判よりずっとガッシリ感がある

うん、やっぱり簡単に折れたりしそうな感じはない。意外としっかりしてまっせ。

普通の携帯よりは入力スピードは落ちるかも

画面がでかいので、少なくともフリック入力では以前の4sより明らかに入力スピードが落ちた。入力は基本的に片手ではなくiPadを操作するような感覚が近い。これはちょっとデメリットだ。

iPhone

持ち運びが前ほど気軽ではない

これまたサイズが大きいので、胸ポケットとかに入ることは入るが、ちょっとしたきっかけで落としたりしそうで怖い。気軽にポケットに入れて・・・というのは難しいかも。音楽聞いたりする時若干不便。

まとめ

最終的な結論としては、iPhone6plusは携帯電話でなく、iPhone6plusという別なものと考えた方がいいと思う。強いて言えばiPadのお手頃版という感じ。

何かを得れば何かを失うではないが、メリットデメリットがはっきりしている。僕自身は画面の美しさに満足しているが、携帯性や携帯でスピーディに入力をしたいという人にとってはiPhone6のほうがいいと思う。

参考にしてほしい!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。
慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。

2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告