スマホで文字を打っていてどこかに文字を挿入する時本来挿入したい位置と一文字ずれる。部分的にコピーをする時の選択範囲が上手くできない。

そんなスマホの入力プチストレスを解消するガジェットが彗星の如く現れたので紹介したい。


ちなみにSu-Penはこちら

きっかけはものくろさんの個人レッスン

ものくろさんの個人レッスンでのいつもの風景。色々と説明を受けていると突然ものくろさんがペンを取り出してiPadに何か書き始めた。

[箱] 大東 信仁(ものくろ)について | [箱]ものくろぼっくす

ある意味見慣れた風景になりつつあったが、ふと冷静になった。ん?この人なんかiPadにペンを使ってるぞ・・。

HTMLの大事な話そっちのけで思わず「それなんですか?」って聞いてしまった。そう、いわゆる脱線だ。ものくろさんはそれでも優しく教えてくれた。

「Su-Penです」

すーぺん?なにそれ?聞きなれない単語。思わず二度聞き。そんなSu-Penだ。しのごの言わず、画像いってみよう!

画像で紹介

箱はこんな感じ。

箱を横から。

持った感じ。やや短めという感じか。

写真で触っている金属部分をクルクルと回転させると・・

タートルガードといって、ペン先を守ることができる!

うーん、スタイリッシュ。

文字の挿入、コピペがしやすい

どこかに文を挿入したい時やコピーをする範囲を選択する時にすごくやりやすい。やはりペンなので、ピンポイントで選択したい箇所を指すことができる。

文字入力にも適している

文字入力におけるスピードだが、感覚的には同じくらいのスピードで打てる。慣れの問題で、使ってるうちにSu-Penのほうが早くなるかもしれない。今この文もSu-Penで書いているくらいだ。

まとめ

ものくろさんが実際にそうしているように、iPadで文字を手で書くときも楽しそうだ。これについてはまた熱い感情が湧いたら書こうと思う。

言葉はこれ以上いらないと思う。ともかく、この素晴らしさを体験してほしい。

ということで、参考にしてほしい!!!

水曜日は早帰りのいつでもスタオバより

follow us in feedly

関連エントリー

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で、「残業ゼロ」を実践。時間管理をはじめ、ワークショップを開催する個人事業主。

2018年5月に順天堂大学で「時間管理」で登壇。「シゴタノ!」の非常勤講師。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします