ひさびさにコミック版で

読み直したこちらの本から

おもしろい気づきを得ました。

コミック版 はじめの一歩を踏み出そう 成功する人たちの起業術
小牧 成
世界文化社
売り上げランキング: 13,028

こちらの本では、

事業を立ち上げる人の中には

3つの人格がある、

すなわち

「三重人格者」

言っています。

  • 起業家
  • 管理者
  • 職人

の3つです。

それぞれの特徴について

簡単に僕の解釈で説明すると、

起業家は、

夢、新しいことが大好き。

一方、管理が苦手でまわりの人と

うまく仕事ができない資質。

管理者は、

管理が得意で、実務的。

几帳面で、計画的な資質。

職人は、

とにかく目の前の仕事に

没頭する資質。

仕事の目的とか、意義は

煩わしいとすら思う資質。

そして、本書では

事業がうまくいくのは、

3つの人格のバランスが

取れている時と書いています。

たとえば典型的な

スモールビジネス(個人商店のイメージ)

の経営者は

10%が起業家タイプ、

20 %がマネージャータイプ、

70 %が職人タイプだと

書いてます。

そして本書では、

職人の資質に

主導権を握らせてはならない

と書いています。

なぜなら、

職人の資質がメインとなると

事業が大きくなると

事業がうまく回らなくなるからです。

仕事量が本人の限界を超えはじめた時、

ミスが増えはじめるのです。

顧客が増えすぎた結果、

どれだけがんばっても、

完璧な仕事ができなくなる。

こうなると、その人は

顧客のために働こうという

気持ちは薄れてきます。

さらに、限界を超えた仕事量を

長時間労働でカバーするように

なるのです。

ここまで読んで、

「あれ?どこかで聞いたこと

がある話だな」

と思ったあなたはするどい(笑)。

会社員で長時間働いている人は、

まさに職人が主導権を

握ってしまっていますよね。

この話はそれなりに

深い話ですから、

続きはまた明日以降。

今日はここまで。それでは、また!

コミック版 はじめの一歩を踏み出そう 成功する人たちの起業術
小牧 成
世界文化社
売り上げランキング: 13,028

□□ワークショップ情報□□

6/27(水)19時〜21時

「あなたの人生が豊かになる時間管理入門」

くわしくはこちら↓の画像をクリック!

●毎月の「継続型勉強会」

会員募集中。

6/29(金) 19時〜21時

「残業ゼロの達人が教える、

人生を楽しむ時間の作り方」

くわしくはこちら↓から

□□ □□

無料メルマガはじめました!

登録は以下からどうぞ

□□通勤で学べる教材も提供してます!□□

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で「残業ゼロ」をただひとり、2年以上実践。

「残業ゼロ実践論」日本一。セミナー講師。
2018年5月に順天堂大学で「時間管理」で登壇。「シゴタノ!」の非常勤講師。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします