仕事がデキる人が、「完成度3割」にこだわる理由–仕事を最速で完璧に仕上げる方法

仕事が早い人は、修正することを前提に仕事をしています。

彼らは、仕事は走りながら仕上げっていったほうが早いし、そのほうが完成度も高くなることを知っているのです。

広告

仕事の完成度は「3割」でいい

たとえば、クランアントにレポートを提出するケースを考えてみましょう。

仕事が早い人は完成度3割くらいの質で、まずクライアントに仕事を見せてしまうのです。

「取り急ぎ、作ってみました」と言って、クライアントに仕事のイメージを見せるのです。この時点では、キレイなスライドもいりません。イメージがつかめる程度のラフスケッチでいいのです。

そうすると、クライアントから「もう少しここはこうしてほしい」などと、答えをもらえます。

その答えをもらって、修正する。そしてまた、見せる。これをくりかえしていくことで、より早く、よりクライアントが求める仕上がりになっていくのです。

顧客の満足度も非常に高い。当たり前です。顧客が教えてくれた答えをもとに、仕事を仕上げているからです。

この逆をやっているのが、長時間労働の人達です。

できるだけ完成度が高い、見栄えがいい資料を作ってからクライアントにはじめてみせます。

これだと時間がかかるうえ、大幅な修正を余儀なくされることもあります。時間を大幅にロスすることになります。最悪、やり直しをくらってしまうこともあるでしょう。

この仕事のやり方は時間がかかるうえ、リスクがとても大きいやり方なのです。

「枕言葉」と「スピード」で顧客は安心する

そうは言っても、『「こんな内容で見せにきたのか」とクライアントに言われたくない』というあなたの気持ちもわかります。クライアントをがっかりさせたくないですよね。

大丈夫です。一言、枕言葉を添えればいいのです。

「イメージだけザッと作ってみたので、もしよかったら、みていただけますか」

これはあくまで例ですが、要するに、「ざっくり作ってみたので、まずみてほしい」ということを素直に先方に伝えればいいのです。

そしてこの時大切になるのが、仕事のスピードなのです。

しめきり間際になって、「ざっくり作ったので」と見せられても、クライアントは不安でしょう。

そのために、完成度3割でもっていくのです。

仕事を受注して早い段階でクライアントにイメージ見せれば、クライアントも「ざっくり」に合点がいくし、仕事のイメージが見える化して安心します。

仕事のスピードが、顧客の安心につながるのです。

まとめ

仕事を最速で、完璧に仕上げるコツは、3割の完成度でまずクライアントや上司に見せることなのです。

そこから修正していくほうが、圧倒的に早く仕事を仕上げられます。

その際に大切になるのが、スピードです。そしてそのための、完成度3割なのです。

仕事がデキる人は、だからこそ3割の完成度にこだわるのです。

ぜひ今日からあなたも3割の完成度で仕事をどんどんかたづけていってください。

4月から「残業ゼロ」に半年で変わるための継続型の勉強会をはじめます。ぜひ受けにきてくださいね。

メルマガ購読で、もっと自分らしく生きる秘訣を学ぼう!

平日毎朝、ブログに書かない話を中心に、毎日あなたにメールをお届け。

セミナー情報も随時お知らせします。

「役に立つ」ととても好評なので、ぜひ登録ください。もちろん、無料です!

登録は以下からどうぞ

セミナー情報

●4/15(水)19時〜21時
『仕事のことは完全に忘れる、iPhoneアプリ「たすくま」入門講座』

● 4/21(火)
「残業ゼロ」の人気セミナー講師が教える、ふつうの会社員でもできる「自分ビジネス」の育て方

●4/24(金)19時〜21時

30日間は事実上無料!セミナー動画が過去分含めて見放題の「オンライン会員」

僕のセミナー動画が、過去分も含めて見放題。しかも、いつでも僕に質問し放題という、とってもお得なサービス。

しかも、30日間は実質無料でお試し可能。

まずは試してみてほしい。きっとあなたの役に立つ。

個人セッションのご依頼

平日18時以降、都内で開催。

遠方にお住まいの方でも、オンラインで対応可。

詳細とお申し込みはこちらから。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

無料メルマガ

滝川 徹のメルマガへの登録は以下からどうぞ

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告