今を生きる秘訣は「あえてルーティンを持たないこと」

毎日あまりにもたくさんのことをやろうとしていませんか?

昔の僕はそうでした。

仕事から帰ったら、英語の勉強をして、簿記の勉強をして、読書をして、ランニングをして。こんな風に、限られた時間を少しでも有効に使おうと一生懸命でした。

起きてる時間は常に何かをしてました。スキマ時間も携帯でニュースをチェックするか、読書。のんびりする時間はほとんどありませんでした。

この時期は「5分でもいいから、ゆっくりコーヒーを飲む時間が欲しい」と思ってたのです。

一方、今の僕は当時と真逆の生き方をするようになっています。

広告

今を楽しむためには「あえてルーティンをもたない」

今の僕はというと。

仕事を定時に終え、家に帰った後は子供が寝るまで子供達と過ごします。子供達が寝てから、ようやく自分の時間です。

ほぼ毎日、1時間程散歩にでかけます。ぼーっと歩くのは本当に気持ちいいです。後は映画を見てのんびり過ごします。

しかし僕の中でのポイントは、これらがルーティン化していないということです。毎日「これをしなければならない」という感覚で散歩したり、映画を見たりしません。

マンガを読みたいと思えば、マンガを読みます。妻と話をしたいと思えば、コーヒーを飲みながらゆっくり話をします。

昔のように限られた時間でたくさんのことをしなければならないという意識がなくなったからです。むしろ今を楽しむことにフォーカスするようになりました。

これが子供達が寝た後、「英語をやらなければ」、「○○をやらなければ」と思っていたら今を楽しめないことに気づいたのです。

やらなければならないことが多いと、プレッシャーで今を楽しむことができなくなるからです。

仕事ならばまた考え方は違ってくると思います。仕事は目的が違うからです。仕事の目的は限られた時間で成果をだすことにあるからです。

しかし仕事以外の時間は楽しむ時間にしてもいいのではないか。最近の僕はそう思うようになり、ライフスタイルを変えました。

仕事以外の時間も仕事のようなやらなければならないことに追われていたら、今を楽しむことはできないと思うからです。

だからやることを絞るようになりました。

やることを絞るから確実に取り組める

そしてやることを絞るというのは、それだけで効果があります。

それはそれだけに集中することで、「それ」を実行していける確率が高まるからです。

今の僕にルーティンがあるとすれば、早朝に書くブログくらいです。朝出社前にマクドナルドに出勤(?)し、今もこうしてもくもくとブログを書いています。

ブログが終われば、あとはしばらくぼーっとしたりしています。ブログを書くということは、それなりに脳のエネルギーを消費するからです。

たくさんのことをやろうとすればするほど、僕達は脳のエネルギーを消耗するのです。これは想像してみればわかると思います。

なるべくたくさんのことをやろうとすることは、それだけ脳のエネルギーをたくさん消費する。そうすると、先送りもしやすくなります。

そうすると結局肝心なことは何も前に進まないという結果を招きかねないのです。それでは本末転倒です。

そう考えると。より多くのことをやろうとするのではなく、本当は何をやりたいのか。自己探求することが大切なのではないでしょうか。

やりたいことを確実に取り組むには、やらなくていいことをやめていくことが一番の近道なのです。

あなたが本当にやりたいことはなんですか?本当はやりたくないけど、「やらなければならない」と思ってることはなんですか?

僕は英語の勉強が「やらなければならない」と思ってるものでした。今はキッパリやめたことで、自由な時間が増えました。

さぁ、あなたは今日から何をやめますか?

自分がやりたいことを見つけるには、こちらのワークがオススメです。

オススメの書籍はこちらです。分厚い本ですが、考え方がガラリと変わる可能性を秘めた本ですので是非読んでみてください。

「週4時間」だけ働く。
ティモシー・フェリス
青志社 (2011-02-03)
売り上げランキング: 30,453

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック