子供ができると、

子供と
「たくさん時間を
すごしてあげないと
いけない」とか、

子供と
遊んであげないと
「かわいそう」。

広告


そんな風に、

子供と
たくさんの時間を
過ごさないといけない。

そうしない自分は、
ひどい人間だ。

親としての大人が、
自分の人生を
楽しもうとすると

ぶちあたる
この「常識」の壁。

しかし、
これは本当なのだろうか?

たとえば、僕。

正直、
父親に
「遊んでもらった記憶」
はない
(父さん、ごめんね笑)。

記憶にあるのは、

父親と
「ゲームしよう」
とお願いしたら、

「父さんは
仕事で忙しい」
という返答だった。

それから、
あまり父親に
「遊んで」と
お願いしなくなった
ように記憶している。

小さい頃の僕は、
「お父さんは
仕事で忙しいんだな」と
思った記憶がある。

ただ、
父親は休暇の度に
家族旅行に連れて
行ってくれたし、

常に僕を
気にかけてくれていた
ようには感じている。

だからこそ、
今でも父親とは
仲がいいと思っている。
よく話もする。

また、
僕に遊んでくれた
記憶がないだけで、

実は遊んでくれて
いたのかもしれない。

いずれにせよ、

父親が僕と
遊んでくれた記憶が
僕にない。

これが、僕の認識。

で、僕は
「かわいそう」
なのだろうか。

自分を不幸と
思ったのだろうか。

思っていないんだよね。

そこで思った。

子供と遊ばないと、

子供は
「かわいそう」
ではない。

父親と遊んで
もらえなかったから、
子供は
「悲しむ」
とは限らない。

だから、
親である僕たちは、
罪悪感を
感じなくてもいい
んだ。

自分だけ、
好き勝手に
楽しんでいいんだ。

今の僕は、
そう思う。

僕の父が
そうだったように。

意識さえ、
家庭に向いてれば。
それは、
きちんと家族に
伝わるから。

子供だって、
それくらいわかるのよ。

親の仕事は、
いつも機嫌よく、
楽しく生きる姿勢を
子供達に見せること。

最近の僕は、
そんな風に考えて
人生を楽しんでるよ。

こちらの記事も読んでみてね。

滝川より

無料メルマガやってます!

平日毎朝、気軽に読めるお手紙が
あなたの元に届きます。

登録は以下からどうぞ

ワークショップ情報

●5/24(金)
19時〜21時

●5/31(金)
19時〜21時

セミナー動画も提供してます!

オンライン会員になることで、
過去のセミナー動画が
見放題となるサービスです。

くわしくは、こちら↓

個人セッションのお申しこみはこちらから

平日18時以降、
都内でお受けしてます。

遠方にお住まいの方でも、
オンラインで対応可能です。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

無料メルマガ

滝川 徹のメルマガへの登録は以下からどうぞ

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で「残業ゼロ」を2016年から実践し、年間30回以上セミナーを開催する会社員。

「自分の気持ちに素直に生きる」を実践し、教えています。

最近はプールで泳ぐのがマイブーム。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告