働きすぎないために知っておきたいとっておきのお話

現代の僕たちはどうも働きすぎる傾向にある。僕自身もそうだが、若いうちは自分のキャリアを意識してバリバリ働いてしまう。

でも例えば定年後の人生はどうなるのか。自分は何のために働くのか。そんなことを考えるきっかけになりそうなお話を下記書籍から引用しよう。

休暇中のビジネスマンが、昼食はどうしようかと考えながら、穏やかな青い海を眺めていた。メキシコの美しい村にほど近い港に、大きなマグロを積んだ小型船が入ってきた。

一人の漁師が岸に上がった。「大物だね。釣るのにどれくらい時間がかかったんだい」とビジネスマンは尋ねた。
「大してかからなかったさ」
「じゃあ、もっと釣ればよかったのに」というビジネスマンに、「家族が食うには、これで十分さ」と漁師は答えた。

「ほかの時間は何をしているんだい」
「朝はゆっくり起きて、少しばかり釣りをして、子供と遊び、昼食を取る。その後は妻のマリアと昼寝。夕方には村に出かけ、ワインをひっかける。友達と一緒にギターを弾き、カードで遊ぶ。このうえなく充実した人生ですよ、旦那」

これを聞いたビジネスマンは、鼻をなでながらこう言った。
life
「君の役に立てそうだな。僕はハーバードでMBAを取った。ビジネススクールのアドバイスを教えてあげよう。釣りの時間は増やした方がいい。・・・・(中略)・・・。会社が大きくなれば、こんな小さな村は出て、メキシコシティかロサンゼルスに移ればいい。ニューヨークだっていい。」

「でも旦那、どれだけ時間がかかるんですか」
「十五年か二十年くらいだろう」
「で、その後どうするんですか」

「そこが肝心だ。時期を見計らって株式市場に上場すれば、何百万ドルも手に入るだろう」。ビジネスマンが笑って答えた。
「なるほど、数百万ドルですが。で、その後は」
「そしたら引退して、故郷に戻ってくればいい。海のそばの美しい村で、朝はゆっくり起きて、少しばかり釣りをして、子供と遊び、妻と昼寝をする。夕方には村に繰り出し、ワインをひっかけ、友達とギターを弾き、カードで遊べばいい」

まとめ

どんな感想を持っただろうか。僕が抱いた感想の一つは「お金はあるにこしたことはないが、ある程度あれば良い」ということ。

お金持ちにならないとわからない面はあると思う。でも少なくとも僕はお金持ちになっても今の生活とほとんど変わらない生活を送っていると思う。

着る服は少しよくなるかもしれない。少しおいしいものを食べるようになるかもしれない。でもそういった満足度は慣れてしまうと大して今と満足度や幸福度は変わらなくなるのではないか。

むしろそんな時に大切に感じるのがお金で買えない妻や子供達との絆ではないだろうか。であるならば、若い時に仕事オンリーでいいのか。

答は明白だ。今からでもきちんと妻や子供と関係を築く努力をすることが大切だと思う。そんなことを再認識させてくれるお話だ。80対20の法則、オススメです!!!

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック