来年飛躍するために必要なのは「苦痛」ではなく行動を変えること

来年こそは飛躍したい。でもそのために何をしたらいいのか、具体的にわからない。そんな風に悩んでませんか?

その気持ち、わかる‥わかるぞ‥僕自身も振り返れば今年はこの悩みに悩まされてきた気がします。

今振り返ると、「自分が思うような成果を出すためには、相応の苦痛が伴う」という風に思っていたように感じます。

今年に入ってから毎日コツコツと本の企画書を書いたり、新しいブログでは一つの記事に1週間かけたりとコツコツ取り組んできました。

今振り返れば、これらは修行のような感覚でしたね。好きでやってることだからそこまで嫌ではなかったですが、けっこう苦痛だったような気がします。あまり楽しくなかったかな。

でもようやくここ最近ですが、自分の考え方が変わってきました。「成果を出すために苦痛は必ずしも必要ない」と気がついたんです。

成果を出すために必要なのは苦痛、苦労、努力ではなく、行動を変えることだと気づいたんですね。

広告


たとえば僕が出版するきっかけは、出版記念コンテストに応募したこと。そして大橋悦夫さんと実名ではじめてセミナーを共催したことでした。

大橋悦夫さんとのセミナー開催についてはこちら↓

これらはいずれも、苦痛は伴っていないわけです。今思えば、出版の企画書作成にもそんなに時間をかけていません。

やったことといえば、コンテストへの応募。そして大橋さんとセミナーを共催する覚悟を決めることだけでした。

これらに苦痛、苦労、努力はいらなかったわけです。しいて言えば、必要だったものは勇気という感じです。

ここまで読んできてあなたも「わ、わかる‥」と思ってきていませんか?

そうなんです。もしあなたががんばってるのになかなか成果が出せないと悩んでいるなら、僕と同様考え方を変えないといけない時期にきてるのかもしれません。

たとえばブログのPVを増やしたいなら。更新頻度を上げようとするのではなく、誰もまだ書いてない分野を見つけて書いてみる。

これは一つの例ですが、そんな風に、行動を変えてみるのはどうでしょうか。

来年僕は「楽していかに成果を出していくか」にこだわっていこうと思ってます。年末年始に温泉に入りながら、具体的な何をするか考えようかな。

ということで、今年はこの記事で終わりです。

今年もこのブログを読んでいただき、ありがとうございました。また来年もどうぞよろしくお願いしますね。

良いお年をお迎えください。それでは、また!

—お知らせ—

来年こそは新しいことを学びたい!という方はタスク管理を一緒に学びませんか?

タスク管理の基礎を2時間で学ぶ講座を一月に二つ開催します。

6人の少人数制の講座ですので、お申込みはお早めに!

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック