仕事で気持ちが焦り、短期集中で超がんばってしまう時に気をつけたい大切なこと。

「仕事を早く終わらせたい」と気持ちが焦るあまり、短期集中で超がんばってしまう時期がある。

僕の場合、ここ2週間はまさにそうで。

次の本の原稿も終盤に入り、「早く仕上げてしまいたい」という焦りの気持ちから、ブログを書く時間も削って毎日がんばって本の原稿を書いていた。

そうしたところ、本の原稿は一段落したものの(これはよかった)、疲れが溜まったのか、体調が少し悪くなってしまった(今は回復している)。

広告

短期でがんばりすぎてしまうデメリット

僕の場合、不安や焦りを感じると、こうしてがんばりすぎてしまう傾向にあるようだ。

不安や焦りを一刻も早く解消しようと、ついがんばりすぎてしまう。

そして結果的に疲れがたまり、体調を崩す。

体調を崩すと、当然意欲とパフォーマンスは落ちてしまう。

仕事にも当然影響が出るし、プライベートの時間も楽しめなくなってしまう。

意識してペースを落とそう

大切なことは、「ちょっと無理してるな」「がんばりすぎてるな」と感じた時に、意識して少しペースを落とすことだと思う。

短期集中でがんばると仕事がかたづくので、たしかにメリットはあるように感じる。

しかしここ2週間を冷静にふりかえってみると。

集中して原稿に取り組みすぎた結果、結果的に原稿への意欲や気力も低下していて、総合的にはパフォーマンスもあまりよくなかったようにも思う。

体調をその後崩してしまったことも考慮すれば、「がんばりすぎるのはやはりよくない」という結論になる。

がんばる時期はあってもいい。でも、「がんばりすぎ」はやはりよくない。

そんな時は、少しでも「意識してペースを落とすこと」が大切だとあらためて感じた2週間だった。

ということで、参考にしてほしい!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。
慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。

2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告