あたらしい実験!ブログと少し距離を置いてみることにした。

僕はブログに飽きてしまったのだろうか?

最近めっきり、自分の中で「ブログを書きたい」という気持ちがなくなっていることに気がついた。

頭では、ブログを毎日書きたい、いや、むしろ「書かなきゃ」と思っている。

しかしいざブログを書こうとすると、「何を書こうかな」と考えはじめ、気がつくと30分以上時間が経っていることもしばしば。

なんだか時間をムダにしてしまっている気がして、イライラしてしまう日々が数ヶ月続いている。

一方で、文章を書くこと自体がイヤになったのかというと、そうでもないようなのだ。

広告


朝イチで新刊の原稿を書いている時は、今の僕にとって至福の時間となっている。

文章を書くという行為そのものは、あいかわらず僕に取っては楽しいようなのだ。

だからこそ、余計わからない。なぜ「ブログを書きたい」という気持ちがなくなってしまったのだろう。

ここ数ヶ月、このことについてずっと考え続けているが、答えが全く見えてこない。

ということで、思い切ってしばらくブログと距離を置いてみることにした。

考えても答えが見えないなら、実力行使しかないと思った。

もちろん、ブログを「書きたい」と思った時は書こうと思う。

でも、ブログを「書きたい」と思わない限りは、ムリしてブログは書かない。当面はそんな運用でやってみようと思うのだ。

そうしてブログと距離を置いてみたら、気がつくことがあるかもしれない。そんな風に考えてみた。

もしかしたら、ブログを毎日更新することをやめることで、ブログ以外の新しい何かと出会えるかもしれない。

あるいは、少し距離を置いてみたら、また「毎日書きたい」と思うようになるかもしれない。

こうして書くと、まるで恋人との付き合い方を考えてるみたいだ(笑)。

僕にとってブログはそれだけ大切な存在ということなのだろう。

ブログと距離を置いてみることで、何が見えてくるか。楽しみだ。

また気づいたことは、ここに報告したいと思う。

当面は新刊の原稿に専念することにする。

ということで、参考にしてほしい!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。
慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。

2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告