キャリアと家庭は両立しえるのか

これまた答えがない問い。考えてみたい。

キャリアと家庭は両立しえるのだろうか。

これはずっと先にならないと両立できたかどうかわからないのだが、相当な努力が必要そうなのは現時点で想像がつきそうだ。
そもそもずっと定時に帰り続けて成果を出しているビジネスマンは存在するのだろうか?

尊敬している吉越浩一郎さんも常に残業がなかったわけではない。
トリンプの経営が軌道にのるまではひたすら働いていらっしゃったようだ。

一番重要だと思うのは家庭も大切にしたいという意識だと思う。
男は一般的に仕事にどうしても目がいってしまう。
莫大な仕事量を課せられながら成果を求められる時代。
よほど頭がいい人以外、定時に帰って成果を出すということはまず無理だと思う。
少なくとも成果を出すには短期的にでも仕事オンリーの時期もあるのではないか。

会社の風土も大きいと思う。
本気で残業を無くそうとしている会社もまだまだ少ないと感じる。
一人定時に帰るというの相当難しい。
吉越浩一郎さんのように社長が本気となって残業削減に取り組むような場合があれば、両立はありえるかもしれない。
今ならワークライフバランス社がそうかもしれない(実態はわからないが)。
でもこれは外部環境による話だ。
life

仕事は無限にはこなせない。

睡眠時間を減らして仕事をしても心と体を壊してしまう。
そういう意味では我々の時間は限られている。
限られた時間でベストを尽くすしかない。

家庭を大切にする意識があれば、必然的に家族と過ごす時間は確保するようになる。
睡眠時間も削れないから仕事の時間は限られる。
その中で最大の成果をあげるように努力するしかない。
相当なプレッシャーがあるのは間違いない。

でもある意味それでいいのだと思う。
家庭がある意味仕事にのめり込むストッパーとなる。

ようするに最終的にはなんのために生きているかというテーマになる。
少なくとも仕事のためではない。
仕事で成果をあげても、家庭崩壊するなら意味がない。
心と体を壊しても同じく意味がない。

キャリアも大切だ。
でも自分の人生はなんだったのかと将来後悔しないように常に時間配分を意識してベストを尽くしていくしかない。
そんなふうに考えている。

まとめ

結論としては、短期的にはある程度仕事に配分が傾く時期もやむをえないのではないと思う。
成果がでてくるようになれば、事態は好転するのではないか。
キャリアも家庭も両方大切だから。
このテーマをずっと考え続けていかなければならない。
そんな意識を持ち続けて、今日も会社にいく。

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック