自分が「心地いい」時間を追求していけば、より幸福な人生を送れる-「心地いいリスト」のススメ

僕には「心地いいリスト」を作る習慣があります。

毎晩その日の振り返りをしてますが、「今日心地いいと感じたことは?」という疑問を自分に投げかけ、浮かんだことを「心地いいリスト」に反映させてます。

広告

心地いい時間を増やしていけば、より幸福な人生をおくれる

なんで「心地いいリスト」を作るかというと、心地いい時間を増やすことで人生の幸福度は上がっていくと僕は考えてるからです。

例えば散歩をしたら、心地よかった。マッサージをしてもらったら、心地よかった。仲のいい友達とおしゃべりしたら、心地よかった。

心地いい時間は僕にとって生きている実感を得られる最高の時間です。この時間を増やしていけば、より幸福な人生をおくれると僕は思っているのです。

「心地いいリスト」をみると、自分が心地いいと思った時の行動がリスト化されています。リストに書かれている行動をたくさん増やせば、単純に僕の人生は豊かになっていくいうわけです。

そして同時に何かをガマンする時間を減らしてます。これも同じく毎日の振り返りで「今日ガマンしたことは?」という質問を設けてます。

人からのお願いを断れなかった。行きたくない飲み会に行ってしまった。やりたくない仕事を引き受けてしまったなどですね。

ガマンをするとストレスを感じますからね。ストレスは身体によくありませんので、この時間をいかに減らすかも大切にしてます。

大切なことは感情を意識すること

こうして自分の人生の中で心地いい時間を増やしていき、ガマンする時間を減らしていけば、単純に最高の人生がおくれるようになると思うわけです。

そしてこれを実現するのに必要なことはシンプルですけど「意識をすること」だと思います。

僕も昔そうでしたが、日々忙しく過ごしてると、自分が今どう感じてるのか。どんな感情を抱いているのか。意識することなく、気づけば1日が終わっていってしまいます。

これでは僕達の人生の質は向上しないと思うのです。人生の質を高めるには意識して、より良くしていくしかないと僕は思うのです。

そのためには普段から自分の「心地いい」、「嫌だ」という感覚を意識していくのはもちろん、それ以外にも1日の振り返りの時間を作って、そこであらためて自分の感情を意識する機会を作ることだと思います。

少しの時間でいいのです。僕自身も1日5〜10分くらいです。でもこれが将来の財産となり、僕達の人生の質の向上に繋がっていくと思うのです。

今日からあなたにできること

心地いい時間とガマンしている時間を意識してみよう。

あなたにオススメ

日記の魔力
日記の魔力

posted with amazlet at 16.07.25
サンマーク出版 (2012-07-01)
売り上げランキング: 521
成果を5倍にする ライブハックス! (ゴマ文庫)
大橋悦夫
ゴマブックス
売り上げランキング: 525,861
モンハン日記 ぽかぽかアイルー村DX
カプコン (2015-09-10)
売り上げランキング: 1,142

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック