結論からいえば、

ないですね。

僕は恵まれた環境に

いるのかもしれません。

強いて言えば、

「残業ゼロ」をはじめて

評価を一度落とされた時は

壮大なシナリオを考えましたが

かなりのエネルギーを

使うのが目に見えていたので

やめました。

そんなことにエネルギーを

使うくらいなら、

前に進むのに使おうと

思ったんですね。


仕返しもいいのですが、

こういう時大切なのは、

相手から何かをされて

その時あなたが

「どう感じたか」

だと思ってます。

怒りの感情の奥には、

「悲しい」

という感情が

隠れてるからです。

もしかしたら、

「自分が大切に

扱われていない気がした」

のかも、しれません。

是非一度、

その時感じた感情を

言葉にしてみて

ほしいのです。

そして一つの

解決策としては。

その相手に

「あなたに〜されて、

自分は〜と感じてしまって

悲しかった」

と伝えることです。

これ、

やってみるとわかりますが、

ものすごく、

恥ずかしいと思います。

自分の気持ちを

告白しているわけですから。

勇気がいりますよね。

ただ、これをやると、

相手もきっと

「そんなつもりでは

なかったんだ。

ごめんね。」

と、心から

謝ってくれると

思います。

そうすると、

あなたも

「わかってもらえた」と

スッキリすると思いますよ。

この

「わかってもらえた」が

大切なのです。

仮に仕返しが成功して

相手から謝罪をされても、

その場合は相手も

恨み節でしょう。

そんな謝罪を受けたところで、

あなたはスッキリしないのでは

ないでしょうか。

また、その人との関係も

きっと気まずいままでしょう。

もちろん、正解はありません。

仕返しをしたら、

あなたはスッキリするかも

しれませんし。

ただ、あなたは相手から

何を求めているのか。

アクションを起こす前に

もう一度、

考えてみてくださいね。

こちらの記事も読んで

みてください。

いずれにせよ、

応援していますよ!

では!

□□ワークショップ情報□□

仲間と一緒に楽しく学びませんか?

毎月の「継続型勉強会」

会員募集中!

7/31(火) 19時〜21時

「残業ゼロの達人が教える、

人生を楽しむ時間の作り方」

くわしくはこちら↓から

□□無料メルマガはじめました!□□

登録は以下からどうぞ

□□通勤で学べる教材も提供してます!□□

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で、「残業ゼロ」を実践。時間管理をはじめ、ワークショップを開催する個人事業主。

2018年5月に順天堂大学で「時間管理」で登壇。「シゴタノ!」の非常勤講師。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします