仕事で「今置かれた場所で咲きなさい」みたいな言葉があるが、僕は懐疑的だ。–前の職場で4年間試行錯誤して、結局仕事をあまり楽しめずに終わった経験から思うこと

どうしよう、仕事が楽しい。

4月に転勤となり、今までの仕事と関連はあるものの、自分としては社内転職したように仕事の環境が大きく変わった。

そんなふうに環境が変わっただけで、仕事が楽しくなった。そのことに自分自身驚いている。

環境が変わるだけで、こんなにも仕事が楽しくなるか。

前の職場で4年間試行錯誤しても、けっきょく仕事をあまり楽しめずに終わった。

そんな経験から、こうした体験をしてしまうと。

「今置かれた場所で咲きなさい」みたいなもっともらしい言葉を、安易に信じてはいけないなと思う。

広告

今置かれた場所で咲こうとして、挫折した4年間

僕は前の職場では4年間、今置かれた場所で咲こうとした。

入社以来15年以上同じ仕事を続けていて、完全に仕事に飽きていた。

かといって、たとえば外資系企業に転職して、仕事に全てを捧げるような生活に戻るのも嫌だった。

ありがたいことに今の会社の待遇はとてもよい。

そして9時から17時までしか働かないライフスタイル。上司や同僚もみないい人。唯一と言っていいくらいの不満は、仕事がおもしろくないと感じること。その1点だった。

たとえ9時から17時までしか働かないと言っても。限られた自分の時間だ。せっかくなら働く時間は有意義にすごしたい。

誰もがそう思うはずだ。

ということで、当時の僕は今置かれた場所で咲こうとしたのだった。

何度も企画が頓挫し、「学習性無気力症」に

結論から言うと、4年間さんざん試行錯誤したが、うまくいかなかった。

「働いている時間が充実している」とは思えずに4年間が終わってしまったのだ。

自分が「やりたい」と思う仕事や、自分が「楽しい」と思える仕事を増やそうと努力はした。

でも、当時置かれた環境では仕事のフィールド(領域)が限られていて。

自分から作り出せる仕事にも限界があったように感じた。

自分としてはバリュー(価値)があると思って企画した仕事でも、まわりから理解が得られず頓挫してしまったことが何回かあって。

そうしていくつかの企画が頓挫するうちに、今思うと「学習性無気力症」のような状態に自分がなってしまっていたように思う。

「どうせ企画しても、評価されないし、採用もされない」

そんなふうに感じて、モチベーションが下がってしまっていた自分がいた。

そんな感じで。

4年間自分としてもかなりがんばったとは思うが。ついには前の職場で「仕事が楽しい」と心から感じることはできなかった。

このことは今でもとても残念だ。

環境が変わっただけで、「仕事が楽しい」と感じるように

それが4月から部署が異動となり、環境が変わっただけで。

会社人生ではじめて「仕事が楽しい」と感じている自分がいるのだから驚きだ。

「環境が変わるだけでこんなに違うのか!」と感じる。

どうして環境が変わっただけで、仕事が楽しいと感じるようになったのか。

自分なりにその理由を分析すると、以下のようになる。

  • 新しい仕事が新設されたポストなので、ほぼゼロから自分がやりたい仕事を作り出すことができる。
  • 以前の仕事よりも仕事のフィールド(領域)が広いので、自分が考えた企画が通りやすい。

もちろん、まだ環境が変わって1ヶ月も経っていないので、現時点での感想にすぎない。

でも上司や同僚もいい人達だし、僕は今の新しい環境に未来を感じている。

まとめ

ここまで書いてきた経験から、僕は「今置かれた場所で咲きなさい」の格言については「どうかな?」と思ってしまう。

もろちん、今置かれた場所で咲ける人もいるだろう。だから、「間違っている」とまでは思わない。

安易に転職を進めるつもりもない(自分の望むような転職ができるなら、それにこしたことはない)。

ただ、今置かれた場所で咲かないと「いけない」とまで思う必要はないのではないだろうか。

そのことを伝えたいと思っている。

今置かれた場所でベストを尽くそうとすることは否定しない。でも、正直今の環境が楽しめないなら。

「新しい環境に変わるのを待つ」という姿勢も大切だと思うのだ。

会社員であれば、転職以外にも部署の異動というチャンスはやってくる。

今の環境に満足していないなら、新しい部署への異動を申請してもいい。

そうして新しい環境をあきらめずに求めてさえいれば、いつかチャンスは訪れる。

僕はそう思っている。

今置かれた場所で咲くことができないのは、あなたのせいとは限らない。

置かれた場所が悪いのかもしれない。

ムリしてがんばって、今置かれた場所で必ずしも咲こうとしなくてもいいと思う。

Twitterでの返信にこんなコメントももらった。

こういう視点も、大切にしたい。

いつかきっと、自分にも咲ける場所が訪れるはず。

そんなふうに希望をもって、人生の一部にすぎない仕事という「ゲーム」を楽しんだらいいと思う。

ということで、参考にしてほしい!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。
慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。

2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告