本の執筆ははじめから「完成品」を目指さない

出版が決まってから、コツコツと毎日執筆しています。

進捗状況としては第1章のドラフトが完成。第2章の半分ちょいくらいが終わっている感じです。

広告

はじめから完成品を作ろうとしない

僕は普段ブログをこうして書いているので、けっこう文章は早く書けるほうだと思います。それでも本の文を書こうとすると、なかなか書けないと感じる自分がいました。

こういうことを書きたいと思っていても、ブログのようにスラスラと書けないのです。第1章のはじめのほうは一文一文を生み出すのにかなりの時間とエネルギーを使いました。

そこで毎月恒例のものくろさんのグループレッスンでものくろさんにアドバイスを受けました。

「完成品を最初から作ろうとしていないか」。「文章はまずたくさん書いて、後で削ぎ落としていけばいい」。

なるほど。確かに言われてみると、完成品を目指している自分がいたような気がするのです。

はじめから今まで書いたことのない「本」の文章を書こうとしているわけです。それでは力も入ってしまうし、うまくいかないはずです。

ということで、最近はブログを書く感覚でスラスラ書いています。思いついた内容をとりあえずどんどん書いていくのです。

不必要な部分は後で削ればいい。そう割り切ると、執筆はかなり楽になる。ものくろさんのアドバイスに感謝して日々コツコツと取り組んでいます。

ブログも習慣化するまではそういった感覚がありますよね。人の視線を気にすると「いい文章を書かなければならない」と思うのと同じ現象です。

まずはどんどん書いてしまえばいいのですよね。

これはきっと良い作品になります。楽しみにしててくださいね。

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック