愛が全て。そしてそれは、子供が僕達に与えてくれるものだと思う。

やぁ、みんな!

最近つくづく感じるのが、子供は無償の愛を僕達親に与えてくれること、そしてそのことのありがたみだ。

僕は無償の愛とは、親が子に与えるものだとずっと思っていた。

でも本当は逆なんだと思う。

子供こそ、親に無償の愛を与えている。

最近僕はそう強く感じるようになった。

広告

生きる理由をくれる子供達

まぁ、そう感じるのは、まだ僕の子供達が小さいということもあるかもしれない(笑)。

でも、子供達と過ごしていると。いつも「パパ、パパ」と話かけてくれたり、何かと気にかけてくれる。

「見てみて〜」と色々紹介してくれるし、ハグもしてくれる。

一緒に過ごしていると、僕は子供達からの愛を感じるのだ。

子供達といると、「自分は必要とされてる人間なんだ」と感じることができる。

「自分はここにいていいんだ」と思える。

昔ビートルズは「All You Need Is Love(愛さえあればいい)」と言ったが、人は愛がないと幸せに生きていけないと僕は思う。

娘達は、僕に生きる理由を与えてくれている。最近強くそう感じる。

今でも忘れない、上司の一言

昔、正直相性があまりよくなかった上司と話をしていて、ふと「娘の笑顔だけが、生きる喜びだよ」とボソッと言ったのを今でも覚えている。

当時僕はその上司を「とても厳しく怖い人」と思っていたので、その発言を意外に思ったのを覚えている。

今思えば、彼はとても孤独な人だったのだと思う。でもそんな彼の孤独を癒してくれたのが、きっと愛すべき娘の存在だったのだろう。

ほんとに救われているのは、僕達親の方なのかもしれない。

子供は親に生きる理由を与えてくれる。

たしかに子供は親がいないと生きてはいけない。だからこそ、親は子供に無償の愛を与えていると僕達は思いがちだ。

でもほんとに救われてるのは、実は僕達親のほうなのだと思う。

少なくとも僕は、子供達が生きる理由の大きな柱の一つになっている(妻もそうだ)。

彼女達に、この先幸せに生きていってほしい。

たくましく、この世の中を生き抜いていってほしい。

そのために(それが原動力になって)僕は「今日もがんばろう」と思えるのだ。

最高のPodcast「現役会社員が教える『一生時間に困らない生き方』」をチェックしよう!

エピソードはApple PodcastSpotifyのいずれでも聴ける。

楽しんで!!!

今日も最後まで読んでくれてありがとう!ぜひ君の感想を聞かせてほしい!

この記事の感想、フィードバックがあったらぜひ教えてほしい。

それが僕のブログを書き続ける、励みになる(ようするに、励ましてほしいんだ。察してほしい)。

「次はこんなテーマで書いてほしい」というリクエストも、いつでも大歓迎だ。

感想やリクエストは、僕が見つけられるように、Twitterで@dream4luckと入れて、ツイートの終わりに「#いつでもスタオバ」といれてほしい。

返事は必ずしもできないかもしれないが(できるだけするつもりだ)、全てのメッセージに目を通すようにはしている。

君からのメッセージを楽しみにしている。

それではみんな、Have a nice day!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。

慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成し、およそ7時間の自由時間の創出に成功する。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。その後講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動をスタート。2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、月4時間だけ働くスタイルで個人事業で4年間で500万円の収入を得る。

あわせて読みたい

広告