約2週間の「完全オフ」で「やっぱり仕事は遊びには勝てない」とあらためて確信した話

約2週間ぶりに現実に戻ってきた。

休暇中は会社の仕事はもちろん、フリーランスとしての仕事も完全に「オフ」にした。

フリーランスの仕事を完全にオフにした休暇は今回がはじめてで。

というのは、フリーランスの仕事は文字通りいつでもどこでもできてしまうので。

油断するとブログを書いてしまったり、セミナーのテーマを考えてしまったりとつい仕事モードに入ってしまう。

今回はSNSのチェックも一切やめて、ひたすら家族と遊んだ休暇となった。

その結果。今までにない爽快感を味わうことになった。

自分の中で「夏休みを全力で楽しんだぜー!」という感覚がある。

仕事のことを完全に忘れると、「こうまで違うのか」と我ながら驚きだ。

それだけ日常では、僕の中で仕事のウェイトが大きいのだとわかった。

そして今回の休暇をきっかけに、この自分の中の仕事のウェイトを「もっと下げよう」と決意した。

広告


やっぱりまだ僕の中で「仕事=人生」「仕事のための人生」という考え方は無意識レベルで強く残っている気がしていて。

今までも週末はフリーランスとしての仕事のことを隙あれば考えていたし。

まだまだ僕の人生の中で仕事が占める割合は大きい。

でも、今回の休暇で仕事のことを完全に忘れてすごしたら。ものすごく楽しくて。

「やっぱり僕達は遊ぶために生きてるんだ」とあらためて思ったのね。

仕事はあくまで「遊び」を楽しむためのお金を稼ぐ手段であって。

「仕事のための人生」ではなく、「人生のための仕事」であるべきだと僕は思う。

もしそうなら、考えるべきは「いかに短い時間で効率よくお金を稼ぐか」であって。

そのためにどんな働き方を見つけるかがとても大切だと思うんだ。

会社員とか、フリーランスとか、表面的な働き方はどうでもよくて。

短い時間で効率よくお金を稼げれば、会社員でも、フリーランスでも、あるいは会社員兼フリーランスでも、どんな働き方でもいいと思うのね。

もっというと。好きなこと、得意なことだけでお金を稼げるようになることを目指すべだと思う。

そうすればもっともストレスなく、もっとも短い時間で効率よくお金を稼げるようになる。

そうして働く時間を減らして、もっともっと遊びの時間を増やしていく。

そうすれば定年を待たずに人生を楽しめるようになるよね。

これが人生を本当の意味で楽しむ生き方だと思う。

僕はこれからもそんな生き方を追求していきたいと考えている。

メンターの吉越さんの言っていたことは「ほんとだったなぁ」とあらためて気づいた休暇だったなぁ。

吉越さんの以下の本もよかったらぜひ読んでみてね。

ということで、参考にしてほしい!!!

無料メルマガ、やってます!

平日毎朝、ブログに書かない話を中心に、毎日あなたにメールをお届け。

セミナー情報も随時お知らせします。

「役に立つ」ととても好評なので、ぜひ登録ください。もちろん、無料です!

登録は以下からどうぞ

セミナー情報

講座はこちら

とってもお得に学べる「オンライン会員」募集中

毎月開催するオンラインセミナー、30本以上僕の過去のセミナー動画が見放題。しかも、いつでも僕に質問し放題という、とってもお得なサービス。

しかも、30日間は実質無料でお試し可能。

まずは試してみてほしい。きっとあなたの役に立つ。

個人セッションのご依頼

平日18時以降、都内で開催。

遠方にお住まいの方でも、オンラインで対応可。

詳細とお申し込みはこちらから。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

無料メルマガ

滝川 徹のメルマガへの登録は以下からどうぞ

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告