何事も「適当にやること」が大切

以前経済評論家の勝間和代さんにお会いした時に、人生がうまくいつコツ(成功法則)は何かと聞いたことがあります。

その時勝間さんは「適当にやることです」とおっしゃっていました。

ちなみにその時の記事はこちら↓です。

これは本当に、よくわかります。

広告


たとえばタスク管理。「管理」という言葉から、きちんとやらなければいけない。そう連想するのでしょう。

今まで僕が教えてきた多くの方々が、タスクを、時間を「完璧に管理しよう」とするところを見てきました。

しかし、本当は、適当でいいのです(僕はずっとそう言い続けているのですが)。

タスク管理の目的は安心感を得たり、行動力を高めたりすることです。

その目的が達成されるのであれば、細かい記録まで必要なのかと言われると、人によっては必要ないかもしれないのです。

大切なことは、自分の目的にあわせて、何をやり、何をやらないか。見極めることなのです。

だからタスク管理であっても決して完璧に管理する必要はなく、自分が必要と思う最低限のことだけ、しっかりやればいいのです。

ブログだって、素晴らしい記事を書こうと毎日力んでいれば、継続もむずかしくなります。

もうちょっと力を抜いてみて、なあなあな部分も「あり」にして、色んなことに取り組んでみるといいと思いますよ。

こちらの記事も参考になると思います。

今日はここまで。それでは、また!

□□無料メルマガやってます□□

登録は以下からどうぞ

□□ワークショップ情報□□

残り4名です!あなたの実行力を高める継続型勉強会会員募集中。

第一回は4/25(水)の19時〜21時

テーマは「あなたの実行力を高めるタスクリストの作り方」

(※)くわしくはこちらから

講座は単発で受講することもできます。その場合のお申し込みはこちら↓

4/18(水)19時〜21時

「いい人」をやめて早く帰れる人になる残業ゼロ入門講座

(※)お申し込みはこちらから

□□通勤で学べる教材も提供してます!□□

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

1982年東京生まれ。
慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。

2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告