このテーマ、ずっと自分の中でライトに考えてきて、一定の結論に達しました。

なので、これからお風呂に入る前に(今まさにお湯を入れているのですが)さらっと書いておきたいと思います。もちろん完全に僕の一意見にすぎませんが。

結婚に向いていない人。これはシンプルで、自分のやりたいことを追求したい人だと思います。

結婚をするということは、他人と一緒に生きるということです。

他人と一緒に生きる以上は、あなたと価値観が100%一致するという人以外と結婚して生きていく場合、あなたは「100%自分が思う通り生きることはできない」ということになると僕は思っています。

つまり、どこか「自分らしく生きる」という面をセーブしなければいけない局面がでてくるということだと僕は考えています。

結婚して子供がいれば、(もちろんパートナーの価値観によりますが)求められればやりたいことをセーブしてでも子供と過ごす時間を確保しなければいけない時もあるわけです。

そこで「俺は自分の人生を生きるんだ!」とやってしまうと、場合によっては「離婚」ということになるでしょう。

これは子供がいなくても同じです。

「俺は自分の人生を生きるんだ!」と言って、「明日から、俺、別の女の人とも大人の関係を持つことに決めたから」と言えば、「OK!私もそうしてるから、いいわよ!」というパートナー以外の女性と健全な夫婦関係を維持することはできないでしょう。

つまり、自分の気持ちと徹底的に寄り添うことが価値観の「NO1」に来る人は、結婚に向かないと僕は思います。

ちなみに僕は自分の気持ちと寄り添うことはものすごく重要視していますが、「NO1」ではありません。

だからこそ、妻の言うことは大抵聞きます(笑)。自分の気持ちも大切ですが、妻の気持ちも大切にしたいからです。

意見が対立(?)する時は、話し合いをするようにしています。個人的にあまりガマン、したくありませんので。

これは子供がいなかったとしても、同じだと思います。お互い意見交換をして、譲れるところはお互い譲りあって、生きていく。他人と生きていくということはそういうことではないでしょうか。

では、結婚に向いている人はどうなのか。

簡単にいえば、結婚に向いていない人以外になると思います(笑)。いや、真剣にそう思っていますよ。二極化するのであれば。

強いて言うと、子供やパートナーと過ごす時間が人生の優先順位のNO1に来る人なんでしょうね。僕はそこまでとは言い切れないので、少し歯切れが悪いです(苦笑)。

そもそもこの記事を書きはじめたきっかけが、妻と子供達が今夜家にいない今、「さみしいな」と一人家で思ったことなんです。

「あぁ、少なくとも自分は結婚に向いていないタイプではなさそうだ」と思ったんですね。

という感じで、お風呂がどうやら湧いたようなので、今日はここまで。それでは、また!

□□ □□

無料メルマガはじめました!登録は以下からどうぞ

残り4名です!あなたの実行力を高める継続型勉強会会員募集中。くわしくはこちら↓

4/18(水)「いい人」をやめて早く帰れる人になる残業ゼロ入門講座

4/25(水)あなたの「実行力」を高めるタスクリストの作り方講座

□□通勤で学べる教材も提供してます!□□

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で「残業ゼロ」をただひとり、2年以上実践。

「残業ゼロ実践論」日本一。セミナー講師。
2018年5月に順天堂大学で「時間管理」で登壇。「シゴタノ!」の非常勤講師。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします