「やらなければならないこと」を手放すと毎日が楽しくなる

最近は休日がものすごく楽しいのです。

「なぜかなぁ」と考えてみたら、休日はブログを更新しなくていいからでした(笑)。

もうちょっと正確に言うと、「やらなければならないこと」がないからだと思うのです。

そう言う意味では、休日はブログを更新しないと決めてから、休日は「自由だなぁー」と強く感じるようになりました。

好きな時に好きなことができるということは、とても幸せなことなんだなぁと実感するのです。思い返せば以前の僕は平日も休日も「やらなければならないこと」がたくさんありました。

広告

昔は「やらなければならないこと」だらけだった

昔の僕はいつもやらなければならないことが自分の中でいっぱいありました。

資格の勉強をしなければいけない。英語の勉強をしなければいけない。教養をつけるために古典を読まなければいけない。

こうした「タスク」を常に抱えていたのですが、数年前はなんせ子供が小さかったので、当時は自分の時間がほとんどとれず、いつも消化不良で終わっていました。

子供が小さい時は子供と一緒に過ごすことが大切と理解してる一方、やりたいことが思うようにできない自分には焦りもあったし、葛藤もありました。

しかしあるきっかけで、「やりたくないことを無理して続けなくていい」と気づいた時に、英語の勉強をはじめ、自分が「やらなければならない」と思ってやってきたことをやめていったのです。

その時の気分で行動を決める自由は幸福感をもたらす

その結果が、今です。今の僕は平日も「やらなければならないこと」は仕事以外には極力作らないようにしています。

本を読みたいと思ったら本を読むし、映画を見たいと思ったら映画を見る。散歩に行きたいと思えば散歩に行く。

こうして自分のその時の気分のまま行動することに幸福感を覚えるのです。

休日にブログを更新しなくなったことも、こういった背景が大きいのです。僕はブログを書くことが好きなはずなのですが、なぜ「休日書かなくてラッキー」と思うのか。

ここは一考の余地がありそうです。

楽しいはずのブログですら、毎日書くと決めると楽しくなくなる

おそらくですが、「毎日書く」と決めてしまうのが嫌なのでしょうね。休日も書きたいと思った時はブログを書くことがあるので、「休日だから書きたくない」というわけではなさそうです。

きっと「毎日書く」と決めてしまうと、楽しいはずのブログが途端に「やらなければならないこと」に変わってしまうのです。そうなると、ただのノルマになってしまいます。

最近は平日も書きたいと思わない時は書かないようにしています。ブログは更新頻度が高いことにこしたことはないので、つい毎日更新を目指してしまうものです。

そういう時期があってもいいとは思いますが、今は休日に書かないというスタイルが僕には合っているようです。

ということで、「やらなければならないこと」を手放していきましょう。驚くほど毎日リラックスして過ごせるようになりますよというお話でした。

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック