自分がどんな人かまわりに明示すると人間関係が楽になる理由

今までの経験をふまえると、自分がどんな人間か、自分の生き方のスタンスを明確に他者に発信すると、人間関係が楽になります。

先日受講した立石剛さんの話はまさに自分が感じていたことを言語化してくれました。

広告

自分の価値観を他者に明示するとまわりが自分にあわせてくれる

例えば今僕は会社で「残業ゼロ」を実践していますが、今の僕に「どうしてまわりに合わせて残業しないの?」とか「罪悪感ないの?」と言ってくる人はいません。

それは僕が会社で「残業しない」というメッセージを明確に発信しているからです。早く帰っても、「あの人は残業をしない人だから」の一言で終わるのです。

自分の価値観をこうして明確に発信すると、他者も自分の価値観に合わないことは期待しなくなるのです。自分のスタンスを明確にすると人間関係が楽になる理由はここにあります。

僕の例で言えば、今の僕に残業することを期待する人はいません。だからこそ、面と向かって批判してくる人もいません。「あの人に言ってもムダ」ということが明確にわかるからです。

そしてありがたいことに、残業しないスタンスを明確にしていると、まわりが僕にあわせてスケジュールを組んでくれたりします。

ミーティングなども、よほどの事情がないかぎり17時以降になることはありません。まわりの人が自然と配慮してくれるのです。

正直、職場のみなさんには本当に感謝しております。この場を借りて、みんないつもありがとう。

思ってることをきちんと言うことは、他者から理解してもらうことにつながる

自分の価値観を他者に明確に発信すると人間関係が楽になるとはこういうことです。そういう意味では、きちんと自分が思っていることを言うこともやはり大切なのです。

きちんと言うことで、他者に「あの人はこう考える人なんだ」とようやく伝わります。逆に言うと、言わないとわからないのです。他者はあなたが思ってるよりあなたに興味がないのです。

つまり自分の価値観を他者に明確に発信することとは、自分をわかってもらうことにつながるのです。そしてあなたがどんな人か理解してもらうことは、他者の期待をコントロールすることにつながります。

他者の期待をコントロールすることで、自分の価値観に合わないことを他者に要求されることがなくなっていきます。そうして僕達は今よりずっと楽に生きていくことができるのです。

だからまずは日頃から自分の価値観を他者にきちんと伝えることからはじめましょう。そうすることで、次第にまわりに「わかってもらえた!」と感じはじめることになるでしょう。

今までは「まわりにわかってもらえない」と不満に感じていたと思います。僕もそうでした。しかし「きちんと言う」の先に待っていたのは、まわりへの圧倒的な感謝でした。

是非あなたにもこの気持ちを感じてほしいと思います。

ダディから君へ
ダディから君へ

posted with amazlet at 16.10.27
林下 清志
大洋図書 (2014-01-04)
売り上げランキング: 675,056
傷つけ合わない関係をつくるシンプルな習慣 (朝日新書)
心屋仁之助
朝日新聞出版 (2016-10-13)
売り上げランキング: 53

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック