やっぱり僕は大人になれきれない。

人並み以上に仕事をしているのに、

仕事を増やされることに納得がいかない。

怒りを覚えている。

怒りの底にある感情は悲しみで、

「こんなにがんばってるのに、

どうしてわかってくれないの?」

という感情がある。

それを上司に告白しなければいけない。

そんな記事を昨日は書きました。

上司に告白は、した。

今日はその続きです。


冒頭に書いた感情も含め、

言いたいことは、だいたい言いました。

スッキリは、しました。

お互い妥協点を見つけて、ひとまずは落ち着きました。

上司は僕と真摯に向き合ってくれた。

その点は感謝しています。

しかし、やっぱり僕は、

納得がいっていない。

ここから先は僕の個人的な感想と、

ことわっておきますが。

生産性の高さが全く評価されない。

これは、上司の個人的な問題ではない。

会社の仕組みの問題。

生産性が高くても、評価されない。

だから現場の残業は、なくならない。

みんな残業は、なくしたいと思っている。

でも生産性を上げたって、

また仕事をやらされるだけ。

そう思っていたら、

生産性を上げようとは、誰も思わなくなる。

生産性が高い働き方を評価しなければ、

社員はハッピーに働けないのです。

喜ぶのは、会社の経営陣だけ。

僕はこの会社の仕組みに、

どうしても、納得できない。

「そんなものだよね」と、

わりきれない。

大人になれない。

今思えばそんな仕組みに納得ができなくて、

僕は「残業ゼロ」をただひとり、

はじめたのかもしれない。

今の僕は、この仕組みを変えたいと思っている。

だって、絶対おかしいもん(笑)。

みんな楽しく、自由に働きたい。

そしてそれはきっと実現できるのに、

会社の仕組みがそれを邪魔している。

と、僕は感じている。

大人になってしまった人達が、

それを変えられないのなら。

僕は僕のやり方で、地道に現場から変えていく。

たとえそれがイバラの道になるとしても、

僕は、それをなしとげたい。

それがきっと、今、僕が会社でやりたいこと。

だから僕は今日も、定時で帰る。

娘からは、「18時過ぎに帰ってきて」と言われている。

どうやら一緒にあるテレビ番組を、

見なければいけないらしい。

ということで、今日はここまで。

それでは、また!

□□ □□

無料メルマガはじめました!登録は以下からどうぞ

□□通勤で学べる教材も提供してます!□□

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で、「残業ゼロ」を実践。時間管理をはじめ、ワークショップを開催する個人事業主。

2018年5月に順天堂大学で「時間管理」で登壇。「シゴタノ!」の非常勤講師。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします