北真也(beck)さんと「自分らしい働き方へ一歩踏み出すセミナー」を2/19(日)に大阪で開催します!!!

2/19(日)に大阪でセミナーを開催することにしました。

前回大橋悦夫さんと共催した「タスクシュート初級講座」に続いて、2回目のセミナー開催となります。

前回の「タスクシュート初級講座」についてはこちら↓

今回はブロガーならご存知でしょう、北真也(beck)さんを東京からお招きして「自分らしい働き方」をテーマにセミナーを開催することにしました。

場所は大阪(十三)。9:30-12:00と2時間半のセミナーです。会場は前回の「タスクシュート初級講座」と同じです。

詳細は以下リンク先をご確認ください。本日からお申し込みできます。

北さん(以後beckさん)と言えば。サラリーマンとしてバリバリ働きながらもビジネス書を7冊(!)だし、勉強会も多数主催している僕からみたら超人ブロガーです。

そんなbeckさんとなぜセミナーを共催することにしたのか。今日はその背景について書いておきたいと思います。

広告

きっかけは自著「気持ちが楽になる働き方」の書評

ちょっとびっくりしたのです。それがきっかけでした。

当時も書いてますが、beckさんからいただいた自著「気持ちが楽になる働き方」の書評の内容についてです。

北さんと僕は活動量こそ違うものの、活動内容はほぼ同じだと思ってます。

サラリーマンをやりながら本を書いており、ブログ、勉強会を主催しています。活動内容が同じということは、価値観も似ているだろうと僕は思ったのです。

しかしbeckさんの書評を読んだらわかる通り、僕とbeckさんは価値観が違う。むしろ対極に位置することがわかりました(これはあくまで僕の考えです)。

僕と北さんは何が「対極」なのか?

beckさんと僕の違いの一つ、それは物事に対する取り組み方の違いです。

beckさんは何事にも全力な印象があります。

サラリーマンの本業が(おそらく)大好き。モーレツな勢いで普段働いていることがわかります。

そんな中、ブログや勉強会も同じくらいのエネルギー量で向き合っています。僕が彼を「超人」と呼ぶ所以です。

一方僕は何に対してもエネルギーを最小限に、最大の成果を出すことをモットーにしています。beckさんの「モーレツ」とはそういう意味で対極にいるのです。

そして僕の場合、本業も大切ではありますがライフワーク(ブログ、執筆活動など)のほうが好きなのです。

本業もライフワークもモーレツのbeckさんと比較したら、本業とライフワークのバランスはライフワークが上というスタンスと言えます。

ライフワークに対しては最小の労力で最大の成果を上げることができている自負があります。

「対極」だからこそセミナーを共催することに価値がある

これからの働く社会で大切になるのは「価値観の多様性を認め合うこと」だと僕は考えています。

サラリーマンの副業について政府が原則容認する方針からもわかる通り、サラリーマンでいながら自分のビジネスもやることが当たり前になってきます。

だからこそ、全員が会社に滅私奉公するという昭和の価値観は終わりを告げるのです。

これからはサラリーマンとしての本業を一生懸命やる人もいれば、本業はそこそこで副業や家庭、親の介護に重点を置く人もたくさんでてきます。

そんな中、価値観の多様性を認めない、「滅私奉公」を是とする会社からは人がどんどん離れていくでしょう。

そして従来の価値観が淘汰されていく中、大切なこと「自分らしい働き方」をきちんと確立し、実践することなのです。

働き方が多様化していくということは、逆にいうと「自分らしい働き方」が確立されていないとあなたはハッピーな人生を過ごすことができなくなるということなのです。

そしてそんな時代への変化は意外とすぐ近くまで迫ってきています。

だからこそ今回のセミナーであなたには「自分らしい働き方」について考えていただきたいと思い、このセミナーを企画しました。

北さんのようなモーレツな働き方も、そうでない僕のような働き方も両方知っていただいたうえで、あなたの「自分らしい働き方」を考えるきっかけにしてほしいのです。

このセミナーは価値観が対極にある二人が行うことに、大きな意味があります。

あなたは北さん派?それとも滝川派?それともまた違う働き方を選ぶのか。

将来のあなたの働き方を決める大切な場となることは間違いないでしょう。

講師に質問することで、明日の「行動」に繋げよう

あなたが僕や北さんのブログの読者なら、この機会に是非会いにきてください。そして普段悩んでることを質問をしてほしいのです。

僕自身、今までたくさんのセミナーに参加して、講師に質問をしてきました。

それはなぜか?行動するためです。

例えばあなたが今、本を出版したいとしましょう。

なぜあなたは今本の原稿を既に書き始めていないのでしょうか?それは何かしらあなたの中で解消されていない疑問があるからではないですか?

その疑問があなたの行動を妨げているのです。その疑問を解消することができれば、あなたは少なくとも出版に一歩歩み出すことができます。

行動するには、こうしてモヤモヤしていることを解消する必要があるのです。

そして疑問を解消する一番の近道は、すでにあなたの目標とすることを成し遂げている人に質問することなのです。

そういう意味では、僕と北さんはあなたの力になれると確信しています。

是非僕達に会いにきて、質問をしてください。きっとあなたの行動に繋がる回答ができると思います。

当日あなたに会えるのを楽しみにしています!

当日あなたに会えるのを心から楽しみにしています。お申し込みは以下リンク先からどうぞ。

セミナー参加前に自著「気持ちが楽になる働き方」を読んでいただくと、より理解が深まると思います。ご一読をオススメしておきます。

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック