人生を変えるには「本当はやりたいけど、やりたくないこと」に挑むこと

残業ゼロを実現し、仕事以外の時間を存分に楽しんでいること。本を出版すること。

数年前に自分が「こうなったらいいな」と思っていたこと以上の変化が、今の僕の人生には起こりつつあります。

人生を変えるコツ。今の僕から昔の自分に一言アドバイスをするとしたら、それは「本当はやりたいけど、やりたくないことをやりなさい」だと思います。

広告

人が抱える「変わりたいけど、変わりたくない」という矛盾

昔の僕もそうでしたが、多くの人は「人生を変えたい」と思う一方、本当は「変わりたくない」と思ってるところが多かれ少なかれあります。

僕がそれを自覚したのは、そんなに昔の話ではありません。自覚したのは今年の7月、夢だったタスク管理のセミナーをタスク管理の巨匠である大橋悦夫さんと共催した後でした。

当時のエントリーにも書いてますが、昔の僕は大橋さんからセミナーを一緒に開催しないかと誘われているにもかかわらず、自ら断っているのです。

セミナーを開催するという夢への切符が目の前に差し出されたのに、自らそれを断っている。

この時僕は「(セミナーを開催するなんて)自分にはまだふさわしくない」と思ったのです。だから「できない言い訳」を無意識に作り出したのです。その言い訳は「子供が小さくて時間がとれない」でした。

それは確かに事実でした。しかし状況があまり変わっていないその数ヶ月後にセミナーを開催したことを考えれば、これは言い訳だったことが今だからこそ、わかります。当時でも開催は十分可能だったように思うからです。

「できない言い訳」はやりたいサイン

子供が小さくなかったとしても、きっと別の理由を考えていたでしょう。「他にやりたいことがある」、「まだ実力が足りない」。きっとその場で様々な「できない理由」が思いつくのだと思います。

しかし、覚えておいていただきたいのは、「本当はやりたいけど、〜だからできない」というできない言い訳はやりたいサインなのです。

だからこそ人生を変えるのに必要なのは「本当はやりたいけど、やりたくないことをやる」ことなのです。

僕もここまで変化を起こすために、たくさん「本当はやりたいけど、やりたくないことをやる」を実践してきました。

例えば今僕は毎月タスク管理の勉強会を主催してます。これはずっとやりたかったことですが、ずっとやらずにいたことでした。

例のごとく「育児で時間がない」ことを言い訳にしてましたが、本音は「人が集まらなかったらどうしよう」というような、他人の目が気になるからでした。

しかし、人生を変えるには自分がやりたいと思うことを怖くてもやること。そうわかってから、「もう人が集まらなくてもいいから、やる」と覚悟を決め、開催することにしたのです。

おかげで今は充実した時間を過ごすことができています。

イバラの道が楽園への唯一の道

あなたが本当はやってみたいけど、怖くてやりたくないことはなんですか。

きっとそれをやることが、あなたの人生を変えることに繋がります。僕もここまでくるのに、そうしてイバラの道を通ってきました。

怖いことを避けて、人生を変えることはできない。僕はそう思ってます。いいとこ取りはできません。

だから多くの人は「人生を変えたい」と思ってても、本音では「変わりたくない」のです。イバラの道を通りたくないからです。

しかしここまで書いてきたように、イバラの道を通ることこそ、楽園への唯一の道なのです。その先には自分が理想とする世界が待っています。

例え非難されても、バカにされても。やりたいことをやるのです。

自分のペースでゆっくりでもいいと思います。

もしあなたが人生を変えたいのなら。是非今日から小さいことでもいいので、「本当はやりたいけど、やりたくないこと」をやってください。

早ければ今月末にリリースされる僕の本は、なかなか勇気が出せないあなたの背中を押す本になるはずです。楽しみにしててくださいね。

魔法のコンパス 道なき道の歩き方
西野 亮廣
主婦と生活社
売り上げランキング: 142

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック