同じような毎日を過ごしていると、ブログが書けなくなる

最近ブログが
思うように書けません。

ブログをはじめて
もう4年ほどに
なりますと、

そういう時期も
あるわけです。

広告


最近悩みをブログに書くと
気持ちがスッキリすることに
気がつきました。

なので、
今日もこうして
ブログが書けない悩みを
綴ることにしました。

案の定、
今のところこの記事を
書けています。

さて、
どういう時に
ブログが書けなくなるのか。

考えてみると、僕の場合。

単純に
「これを書きたい!」
という内なる衝動というか、
気持ちが湧かない時です。

ではなぜ、
今この気持ちが
湧かないのか。

ここまで書いてきて
わかったのですが、

今の僕にば
何か新しいインプットが
必要
なのかもしれません。

書きたいことが
ないということは、

「書きたい」
と思う刺激が
足りないということです。

感情を突き動かされる
体験をしていないとも
言えます。

ワクワクすることをやったり、
新しいことを体験すれば
そのことについて
感じることもあるでしょう。

そうすることで、
そのことについて
「書きたい」
という気持ちも
起きるはずです。

ブログを書けないのは、
同じような毎日を
過ごしている
からかも
しれません。

そろそろ、
ライフスタイルを
進化させる時かも。

また色々考えて、
ここに書きます。

滝川より

無料メルマガやってます!

平日毎朝、気軽に読めるお手紙が
あなたの元に届きます。

登録は以下からどうぞ

ワークショップ情報

●3/27(水)
19時〜21時

●4/19(金)
19時〜21時

●4/26(金)
19時〜21時

【限定6名の募集】4月から、自分らしい生き方を取り戻す『お稽古』 はじめます!

1年かけて、
毎月継続して学ぶ場
「スタオバプログラム」

セミナー動画も提供してます!

個人セッションのお申しこみはこちらから

平日18時以降、
都内でお受けしてます。

遠方にお住まいの方でも、
オンラインで対応可能です。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

Avatar photo

滝川 徹

1982年東京生まれ。

慶應義塾大学卒業後、内資トップの大手金融機関に勤務。長時間労働に悩んだことをきっかけに独学でタスク管理を習得、2016年には「残業ゼロ」の働き方を達成し、およそ7時間の自由時間の創出に成功する。

その体験を出版した「気持ちが楽になる働き方 33歳大企業サラリーマン、長時間労働をやめる。(金風舎)」はAmazon1位2部門を獲得。その後講演やセミナー活動を中心に個人事業主としても活動をスタート。2018年には順天堂大学で時間管理をテーマに講演を行うなど、月4時間だけ働くスタイルで個人事業で4年間で500万円の収入を得る。

あわせて読みたい

広告