昨日の夜のホームパーティで少し話題になった話です。

僕のまわりには、いわゆる「キチンとした女性」が多いです。

マジメ。丁寧。キチンとしなきゃという声が聞こえてきそうなくらい、力んで一生懸命仕事している人も多いです。

いや、別にそれが悪いということではありません。

ただ、「もったいないな」と思うことが多々あります。


個人的には、もっとリラックスして、

「うふふ」みたいな感じで(?)いたらいいのになぁ。

そう思う女性が多いです。

なんというか、みんなスキがないんですね。

表現が難しいのですが、この人は仮面をつけてしゃべっているな。

そんな風に感じる時すら、あります。

なんかこう、シャッターを降ろされている感覚というんでしょうか。

まぁ、相手が僕だからかもしれませんが(笑)。

しかしこうなると、「男性もなかなか誘いづらいよなぁ」と思うのです。

そういう女性を見ていると、せっかく素敵な女性なのに、

「もったいない」

余計なお世話なのですが、つい、そう思ってしまいます。

では「スキ」ってどうやって作ったらいいの?そんな質問をもらいそうですね。

そんなに難しく考えなくてもいいと思ってます。

単純にリラックスして、できるだけ「素の自分」でいるように心がけることだと思ってます。

ありのままの自分でいる。

この表現のほうがわかりやすいかな?

昨日の記事にも書いたのですが、欠点こそ魅力だと思うのです。

欠点がある自分を認めて、隠さないようにしてみる。

ミスや失敗をしてもいい。

だらしない自分でもいいやー。

そんな自分を許してあげたらいいんじゃないでしょうか。

そうすると、女性は素敵な出会いにどんどん恵まれていく。

そんな気がします。

ここまで書いてきて、「朝から俺は一体何を書いているんだろう」と思いました。

まあ、そんな自分もオッケーなのです。

これが自分なのですから(笑)。

今日はここまで。それでは、また!

□□ □□

無料メルマガはじめました!登録は以下からどうぞ

□□ワークショップ情報□□

毎月の「継続型勉強会」会員募集中!

第一回:4/25(水) 19時〜21時

「あなたの実行力を高めるタスクリストの作り方」

(※)くわしくはこちら↓

講座は各回単発で受講することができます。

その場合のお申し込みはこちら↓

4/18(水) 19時〜21時

「働く時間」と「断れない悩み」を減らすワークショップ

(※)くわしくはこちらから

□□通勤で学べる教材も提供してます!□□

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で、「残業ゼロ」を実践。時間管理をはじめ、ワークショップを開催する個人事業主。

2018年5月に順天堂大学で「時間管理」で登壇。「シゴタノ!」の非常勤講師。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします