3月に転勤が決まってからはもちろん、関東に転勤になってからも連日のように予定が入っています。

連日予定が入っていると楽しい面もありますが、疲れを中心としたマイナス面も大きいと感じています。睡眠時間も慢性的に不足し、ブログを書く気力もなかなか湧かなくなります。

大切なことは、対外的に予定がある日と、そうでない日のバランスだと思います。予定が全くない日々を過ごすだけでは物足りなさを感じることでしょう。

しかし予定が入りすぎると生活にゆとりがなくなるという問題が生じるのです。一例をあげれば、帰りが遅くなることによる睡眠不足です。

本当は22時前には寝ていたい

僕の場合、予定がない日は22時前には就寝します。最低7時間は寝るようにしています。しかし予定があって、23時過ぎに帰ってきたりすると、それが確保できなくなります。

特に僕の場合、こうしてブログを朝書くためには6時には起床しなければなりません。

そうすると、遅くとも22時前には家について、シャワーを浴びて、少しゆっくりとしてからベッドにたどり着きたいわけです。

しかしここ最近は、生活にゆとりが全くない状態なのです。

連日予定があると、生活にゆとりがなくなる

連日予定が続くと、とにかく生活全般に余裕がなくなることを痛感します。

睡眠時間が慢性的に不足し、気力が湧いてきません。そうすると、朝ブログを書こうという気力もなくなっていきます。仕事中のパフォーマンスも著しく低下しているのも感じます。

帰るのが連日遅くなると、家に帰っても早く寝なければいけないという気持ちが先行して、ゆっくり過ごすことができなくなります。

一言で言うと、生活にゆとりがなくなってしまうのです。

どれくらいの頻度で予定があるとちょうどいいのか。自分なりのスタイルを確立することが大切

僕自身は、やはりゆとりをもって日々生きていきたいと思っているようです。 この忙しい日々を心地よく思えていない自分がいます。

思い返せば社会人3年目くらいは毎日社内の人を中心に飲み会に参加してました。そうすると、毎日仕事と飲み会だけで終わってました。

日々の生活にゆとりはなく、いつもどこか疲れを感じていました。それでも、日々充実しているような感覚に陥っていたわけです。今思えば、これは錯覚だったように思いますが。

あなたは日々どんな過ごし方をしていますか?

この問いに正解はありません。大切なことは、自分が日々心地よく生きることなのです。予定が日々全くないというのも、物足りなく感じるものです。

どれくらいの頻度で予定をいれると、ゆとりをもったまま日々を楽しめるのか。僕の場合は、週一回くらいでいいかなという結論に達しました。

あなたはどうですか?

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

Amazonへ見にいく

あわせて読みたい

広告

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

「働き方を変える技術」を
現役会社員の立場から
教えています。

東証一部上場の大手金融機関で
「残業ゼロ」
を33歳から実践。

個人事業主としてセミナー、
執筆活動も行ってます。
詳しくはこちらをクリック

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします