「この症状はいつ頃良くなるのか?」を把握するために毎日体調の記録することにした

体調が悪い時に、その症状がいつからなのか。あるいは、以前も同じような症状になったことがある場合、以前はどのくらいでよくなったのか。

思い出せないことはありませんか?

僕自身、体調が悪くなる度に、いつも「記録を取っておけばよかった」と思うこともあり、これから体調の記録をつけていくことにしました。

きっかけは左目の下がピクピクするようになったことでした。

広告

「定期的にでる身体の症状」が記録を取るきっかけに

1週間くらい前から、左目の下がピクピクするのです。

症状が続いていたので、念のため眼科に行ったところ、「目が疲れている」ということでした。念のため脳の専門医にも受診しましたが、脳は問題なさそうです。

実はこの症状、定期的に出るのです。今回は「症状が長いなぁ」と感じたので受診したわけですが、「本当に症状は長いのか?」というのがポイントになります。

人間の記憶はあやふやだからです。そしてこういう時こそ、「記録を取っておけばよかった」と思うわけです。

体調が悪くても「いつ頃良くなるか」の見通しがあれば安心できる

記録を取っておけば、「前回はいつ頃症状がでて、いつ頃治った」ということがわかります。

人間は「いつ頃治る」という見通しがあれば、安心できるものです。不安になる時は大抵「この症状、治るのかなぁ」と思っている時なのです。

そういった観点でも、この記録は役立ちそうです。

あわせて自分の体調の点数もつけておこうと思っています。なぜならここ2週間ほど体調があまりよくないからです。

体調が悪いのは「気のせい?」を検証する指標としての「点数」

体調が悪い期間が続くと、体調がよかった時の体の感覚を忘れることはありませんか?

僕はよくこの感覚に陥ります。体調がいい時はそれが普通ですから、わざわざその状態を記録しておこうと思わないわけです。

今の僕は体調が若干悪いような気がしているのですが、この状態が自己評価で80点だとして、体調がいい時は果たして何点なのだろうか?が問題になるわけです。

繰り返しますが、今体調が悪い「気がしている」だけなのかもしれないのです。それくらい、僕は自分のこういった感覚を信用していません。体調がいいと思ってる時の点数は82点かもしれないのです。

もちろん感覚的な自己評価ではあるのですが、自分がどれくらい体調が悪いのか。知る指標は他にないわけですから、ないよりはずっとマシだと思うわけです。

だからこそ、毎日体調の点数も記録していこうと思っています。

ではいつ記録するのが一番いいのか。

そのコツは毎日同じ場所、同じ時間でしょう。しばらく色々と試してみて、またブログに書きたいと思います。

自分の中のこういう小さい不満を解消していくことが、日々のハッピーにつながるのです。

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック