スキマ時間についSNSを見てしまう習慣を有意義な読書の時間に変える方法

SNSについ時間を費やしてしまうという方は多いのでは無いでしょうか。

昨日も書いたのですが、僕達は「時間がない」と言いながら、SNSをチェックする時間は不思議とあるんですよね(笑)。

理由はシンプルで、SNSチェックはおもしろいからです。以前エントリーで書いたことがありますが、メールチェックと同様、スロットゲームみたいな要素があるんですよね。

あまり意味がない情報の中に、たまにおもしろい情報が混じっているのです。それこそ夢中になってしまいます。

ではSNSのチェックにかける時間を減らすにはどうしたらいいか。

それは他に「夢中になれることに意識的に時間をかけること」なのです。

広告

スキマ時間は一日単位で考えるとけっこうな時間になる

例えばここ数ヶ月、僕はSNSをチェックする時間は激減していたと思います。それは早ければ今月末に出版される本の執筆にスキマ時間をあてていたからです。

スキマ時間は一日単位で考えると、少なくとも30分、多ければ一時間くらいになります。もっと多い人もいるでしょう。

この時間を毎日執筆にあてることで、僕は家族と過ごす時間や散歩などのリラックスする時間を確保しつつ、3ヶ月くらいで原稿を書きあげることができました。

別にここであなたに本を書いて欲しいというつもりはありません。読書でも映画でもいいのですが、あなたが「やりたいけど時間がないからできない」と思ってることにトライしてほしいのです。

その時に大切になるのが「思いこみを突破」することです。

「スキマ時間に読書する=楽しい」を体感してみることが習慣化につながる

本にしろ映画にしろ、家のソファに横になってリラックスして見たいという気持ちはわかります。僕もあの時間はかけがえのない時間だと思っています。

しかし現実を見れば、その時間が確保できていないわけです。そしてあなたも頭ではSNSチェックの時間を他のことに使ったほうが良さそうだということにここまで読んできて気づいているはずです。

であれば、一度トライしてみてはいかがでしょう。「スキマ時間に読書する=快適ではない」という思いこみを取っ払うのです。

本を持ち運ぶのが億劫なら、今ならスマホで電子書籍を読むことができます。アプリ一つ起動するだけで、読書が簡単にできる時代なのです。

そしてこれはやってみるとわかりますが、意外にスマホで電子書籍を読むのも快適です。そしてウェブを見るような感覚で本を読むことができます。

そしてここでのコツは、自分が夢中になれるテーマの本を読むことです。電子書籍で本を読んだら楽しい時間を過ごせると体感することが、習慣化に繋がるからです。

こういう時に「読まなければいけない」と思ってる本を無理やり読むことはオススメしません。無意識レベルでスマホで電子書籍を読む時間=嫌な時間と刷りこまれてしまうからです。

スキマ時間に夢中になれることをして、SNSチェックに代わる楽しい時間を過ごすようにしましょう。そうすることで、自然とSNSをチェックする時間は減っていくのです。

良い習慣、悪い習慣: 世界No.1の心理学ブロガーが明かすあなたの行動を変えるための方法
ジェレミー・ディーン
東洋経済新報社
売り上げランキング: 48,390
Kindle Paperwhite Wi-Fi + 3G、ホワイト、キャンペーン情報つきモデル
Amazon (2016-04-26)
売り上げランキング: 36,073

投稿者プロフィール

滝川 徹
滝川 徹
東証一部上場の保険会社で「残業ゼロ」を1年以上実践するサラリーマン。慶応義塾大学卒。「気持ちが楽になる働き方」著者(同書はKindle新着ランキング2冠を獲得)。

専門は「タスク管理」。現在は「シゴタノ!」主宰の「タスクカフェ」の非常勤講師を務める。

会社で働く人の「自分らしい働き方」の実現に貢献したいと考えています。「家庭」と「自分らしく生きること」を大切に、日々自分を貫いて生きています。

詳しくはこちらをクリック