なぜ「自分だけは嫌われるはず」って信じてしまうのか

僕が他人の目線を気にせず、「好きに生きたらいい」と思うのは。人って「好きな人のことをそう簡単に嫌いにならない」と思ってるからなんだよね。

たとえば、僕が好きな仁(心屋仁之助)さん。彼が不倫(詳細はよくわからん)してることをブログで公表した時も、「あぁ、そうなんだ」と少し残念に思った面もあったけど。それでも「がっかりだよ!」と彼のファンをやめたりしない。

槇原敬之さんが昔から好きだけど、彼が覚醒剤で逮捕されても、僕は彼のライブに行く。

僕が妻を嫌いになるとしたら、よっぽどのことだ。

広告


もちろん、何をしても嫌いにならないとは言わないよ。でも、その人のことが好きだったり、友達だったり、ファンだったら。たいていのことは許せるんじゃないかな。

でね、一番の勘違いは、「自分は愛されない。好かれない人間なんだ」ということだと思うのね。

ここまで書いてきて、「たしかに好かれてれば、そうだよね。でも、自分は好かれてないし」と思ったと思う。

そう感じる時って、自分の思ってること、言いたいこと、自分の本性を他人に見せられていない時。他人の目を気にして生きてる時。

僕も昔、そうだったからよくわかる。他人の目を気にしてほんとの自分を出せない時って、「本当の自分を見せたら嫌われる」と思ってる時。

それは裏を返せば、「本当の自分はわがままで、自分勝手だから、素の自分をさらけだしたら嫌われる」と思ってるってこと

だからそれを必死に隠そうとしてしまうんだよね。

でも、それは大きな勘違いなんだ。僕はそのことに気がつき、それを体験するために数年かけて、自由に生きてきた。

最初は怖かったけど、会社で少しずつわがまま言ったり、仕事を断ったりと地道に体験を積んで、「あぁ、やっぱり勘違いだったんだ」と確信できるようになった。だから今、この記事を書けている。

あなたのまわりにも、わがままに、自由に生きてるけど、なぜか愛されてる人、いるよね。ということは、「わがままに、自由に生きる=嫌われる」ではないということなんだ。それを、その人は証明してくれてるってことなんだよ。

なのに、どうして「自分だけは嫌われるはず」って信じてるんだろうね。

色々と書いてきたけど、人ってやさしいし、そう簡単に嫌われないよ。自分の本性を見せて嫌われたとしたら、もとからその人はあなたのことがあまり好きじゃなかったってこと。それだけ。だったら、もとからそんなによく思われてないんだから、いいじゃない。

わがままに、自由に生きても他人から好かれる。今の僕はそう確信してるし、まずは「そうなのかも」って信じてみて。

そこがスタートだから。そのうち見える景色は、変わってくる。

僕の体験記もきっとあなたの役に立つので、ぜひ読んでみてね。

メルマガ購読で、もっと自分らしく生きる秘訣を学ぼう!

平日毎朝、ブログに書かない話を中心に、毎日あなたにメールをお届け。

セミナー情報も随時お知らせします。

「役に立つ」ととても好評なので、ぜひ登録ください。もちろん、無料です!

登録は以下からどうぞ

セミナー情報

1/31(金)19時〜21時
「会社をやめずに、好きなことで幸せにお金を稼げるようになる生き方」

30日間は事実上無料!セミナー動画が過去分含めて見放題の「オンライン会員」

僕のセミナー動画が、過去分も含めて見放題。しかも、いつでも僕に質問し放題という、とってもお得なサービス。

しかも、30日間は実質無料でお試し可能。

まずは試してみてほしい。きっとあなたの役に立つ。

個人セッションのご依頼

平日18時以降、都内で開催。

遠方にお住まいの方でも、オンラインで対応可。

詳細とお申し込みはこちらから。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

無料メルマガ

滝川 徹のメルマガへの登録は以下からどうぞ

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

東証一部上場の大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動している。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告