夫が妻のちょっとした一言にキレてしまうのは、自分を「ダメなヤツ」と認めたくない気持ちからだった–夫婦円満のための、夫による夫のトリセツ

先日、妻とちょっとした口論になって、わかったことがある。

それは、僕が妻に対して「カチン」ときて、口論になってしまう時。

毎度同じ「パターン」があるということだ。

それは大抵の場合、妻が僕の行動に対して一言言い放ち、僕がその一言に対し「反応」してしまうというもの。

反応する時は大なり小なり怒りを感じている。

大抵の場合、僕は自分の行動を正当化するために。いかに自分が間違っていないか。主張する。

それで大体口論になる。

おもしろいのは、ここからだ。

今回の口論もそうだったが、大抵の場合、妻の一言は「何気ない一言」であることが多い。

にもかかわらず、僕はその一言が「流せない」のだ。

むしろその何気ない一言をなぜか「攻撃」と捉え。勝手に怒りを感じ、妻に怒りをぶつけてしまう。

そんなお決まりのパターンを紐解くと。

このパターンの根底には、「自分のダメなところを認めたくない」という僕の謎の「プライド」があることがわかった。

つまり、「仕組み」はこうだ。

妻の何気ない一言で、自分のことを「ダメなヤツ」と勝手に感じる。

自分のことを「ダメなヤツ」と認めたくないから、「俺はダメなヤツなんかじゃない!」と自分を守るために怒りを感じてしまうというものだ。

そしてこのパターンは、きっと世の夫(男性と言っていいかも)には「あるある」なのだと思う。

だからこそ、このパターンを解説することは。世の夫婦円満の一助になるはずだ。

夫は自分のパターンを知ることで、妻の何気ない一言を攻撃ととらえず、冷静に受け止めることができるようになる。

妻は夫のパターンを知ることで、「あなたを攻撃しているわけじゃないのよ」と一言言えば、喧嘩を未然に防ぐことができる(あなたが悪くないことはわかるが、まぁ、ここはいいじゃないか)。

ということで。

今日は先日僕が妻と口論になった経験から、夫がなぜ妻の一言にキレてしまうのか。

解説していこうと思う。

今日も早速いってみよう!!!

広告

きっかけとなった、一通のハガキ

きっかけは、家に定期的に届く大手進学塾の勧誘ハガキだった。

今年の4月に広島に転居したため、前住んでいた東京の住所から転送されてきた。

広島にいる僕達にはもう関係ない。

「大手進学塾にハガキをもう送らないように、電話してほしい」。

そう妻から頼まれた。

それならお安い御用だ。ということで、ハガキに書いてある連絡先を見て、早速電話してみてみる。

担当の女性が出た。ここで、「もういりません」と言うわけだが。

ここで一瞬、僕は担当の女性になんて言ったらいいか。迷ってしまった。

それは、「当面の間」ハガキを止めた方がいいのか。それとも、今後一切ハガキを送ってもらう必要がないのか。

「はたしてどっちなのだろう?」。

そんな迷いが生じた。

怒りのスイッチが入る原因となった、「一言」

そもそもハガキを止めるきっかけになったのは、妻の話だと「広島に転居したから」という話だった。東京にいた時は、ハガキを止めていなかった。

ということは。

東京に戻ったら、またハガキをもらう(再開する)必要があるだろうか?

そんな思考が、僕の脳内で一瞬流れてた。

そこで僕は思わず「『当面の間』送らないでほしい」と女性に言ったのだった。

担当の女性はこういう電話に慣れてるようで。「はい、わかりました」の一言で電話のやりとりは終わったのだが。

話はここからだ。

電話を切った後、妻から「『当面』という言葉はいらないでしょ」と言われた。

そこで僕のスイッチが入ってしまった。

自分のことを「ダメなやつ」と認めたくない僕

今思うと、「自分なりに(当面か、今後一切いらないか)一生懸命考えたのに!」という思いがあったのだろう。

気がつくと僕は一生懸命、自分がどうして「当面」という言葉を選んだのか。力説していた。

今思うと、自分が無能なヤツ、ダメなやつだと言われた気がして。それを認めたくなかったのだろう。

僕は一生懸命、「俺は言葉を選ぶのを間違えたわけじゃない」と烈火のごとく怒りながら、力説をしていた。

そんな僕に妻は一言言い放った。

「『当面はいらなかったね』でいいじゃない。どうしてそこを流せないの」

そこで僕は「ハッ」と冷静になった。

たしかにその通りだ。

冷静に考えたら、大したことじゃない(あなたもきっとそう思ってるはずだ)。

どうして僕は烈火のごとく怒ってしまったのだろう。

そこで、僕はいつもの自分のパターンに気がついた。

謎のプライドと、いつものパターン

「あー、またやっちまったか」と僕は思った。

そう。僕には妻に怒りを感じるパターンがある。

大抵が、今回のように。

妻から何かを指摘され、自分が「ダメなやつ」と感じた時なのだ。

それはきっと、「自分はダメなやつじゃない」という謎のプライドがあって。

そのプライドが傷つけられたように感じると、僕は怒りを感じるのだ。

これはきっと、僕だけじゃないはずで。

「自分は仕事がデキる」と思ってる男性ほど、妻からこうした注意をされると怒りを感じるんじゃないだろうか。

それはきっと、「プライドを傷つけられた」と感じるからだと思う。

で、このプライドの正体をもう少し分析してみると。

根っこには、「自分がダメなことを認めたくない、見せたくない」という気持ちが隠れている。

僕達はきっと、ほんとは自分がダメなやつだと知っていて(正確に言うと、そう「思いこんでいる」)。

妻や他人から注意や指摘をされると、「あなたはダメなんだ」と指摘されたような気がしてしまうのだ。

そして自分(の感情)を守るために。怒りを感じる。

そんな仕組みに妻の一言で気づかされて。

口論の途中にもかかわらず、僕はおもわず笑ってしまっていた。

怒りを感じたのは、妻が悪いわけじゃなく、自分の謎のプライドが原因だと気がついてしまったからだ。

自分のあまりのアホさに、僕は笑ってしまっていた。

まとめ

こんなふうに、僕(夫)達には。自分にはわからない、怒りを感じるパターンがある。

そしてこのことを知っておくと、同じようなパターンで怒りを感じにくくなる。

僕自身はあれから。

妻に何か言われて少しイラッときても「自分のことをダメだなって思ってなかったら、どう感じるかな」と考えるようになった。

そうすると、「今言われたことも、『そうだね』で終わりだな」と冷静に捉えることができるようになった。

もちろん人間だから、時にはまた怒ってしまうこともあるだろう。それはそれで、仕方ないかなとも思う。

でも、このパターンを知っておけば。

夫は妻に無用な喧嘩をふっかけにくくなるし、万が一ふっかけてしまっても。

妻は悪くないということに、早く気づけるようになる。

妻側も(夫が一方的に悪い場合にも)「あぁ、またパターンにハマってるのね」と寛容な気持ちになれるのではないかと思う。

この記事が広まることで、世の中の夫婦の相互理解が少しでも進んだら、とっても嬉しい。

ということで、参考にしてほしい!!!

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

この記事を書いた人

滝川 徹

内資トップの大手金融機関で長時間労働から「残業ゼロ」へ変わった現役会社員。出版後、会社員として働きながら、2018年の順天堂大学での講義をはじめ、年間30回以上セミナーを開催する個人事業主としても活動中。
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告