昨日は
「はあちゅう」さんに
会いに、

以下のイベントに
参加してきました。

はあちゅうさんは、
ブロガー、
作家として主に
活動されている方。

はあちゅうさんの
Amazonでの
プロフィールは

以下のように
なっています。

慶應義塾大学法学部政治学科卒。在学中にブログを使って、「クリスマスまでに彼氏をつくる」「世界一周をタダでする」などのプロジェク トを行い、女子大生カリスマブロガーと呼ばれる傍ら、レストラン、手帳、イベントをプロデュースするなど、「はあちゅう」名で幅広く活動。
2009 年電通入社後、中部支社勤務を経て、クリエーティブ局コピーライターに。
2011年12月に転職し、トレンダーズで美容サービス、動画サービスに関わる。
2014年9月からフリーで活動中。日テレ「スッキリ!!」火曜レギュラーコメンテーター。
催眠術師資格保有。

「人生全部コンテンツ」
ご自身のツイッターアカウントに
書いているように。

プライベートも
かなりオープンに
している印象のある方で、

以前から
「おもしろいなぁー」と
思っていました。

いつかご本人と
お会いしたいと
思っていたところ、

今回のイベントを知り、
すぐ申しこみました。

広告


当日の参加者は
30名程だったと
思います。

はあちゅうさんの
パートは1時間。

まずは30分、
はあちゅうさんが
ご自身の生い立ちを
喋られ、

その後の30分は
質問タイムでした。

質問タイムでは
一番に手をあげ(笑)、

聞きたいことを
聞いてきました。

今日はその内容も
ふまえ、

生のはあちゅうさんと
お会いして、

意外だった点について
書きたいと思います。

意外と「ふつう」の人だった

これは
ディスってるわけでは
なくて、

SNSでみる彼女と、

いい意味で
「ギャップがあった」
ということです。

僕の中で
はあちゅうさんは

「ハキハキしている
バリキャリの女性」

みたいなイメージが
あったんですね。
勝手に。

でも話を聞いていると、

「ふつうの女子」
みたいな感じで、
ちょっと意外でした。

逆になんか、
親近感を持てた
気がします。

自分が他人からどう見られるか、ものすごく気にする人

これは、
ご本人が
おっしゃっていた
ことです。

あれだけ
ご自身をオープンに
情報発信しているのに、

「えー!?」
と思いましたが。

「意識して、
自分の考えなども
ハッキリと主張している」

とのことでした。

自分の意見を
ハッキリと主張すると、

誤解や批判も
たくさん受けるけれど、

支持してくれる人もいて、
いいこともたくさんある
ということを
おっしゃっていました。

情報発信者として、

あらためて
自分の意見を
ハッキリ言うことの
大切さを
痛感しました。

ご自身が「突き抜けている」という実感をもっていない

これは
僕がした質問から
派生した話です。

僕は、

「キャリアで
悩んだ時期も
あったと思うが、

人生で
『突き抜けた』と
感じた時、

どうやってその悩みを
乗り越えたか。
教えて欲しい」

と質問しました。

彼女の回答は、
以下のようなものでした。

今でも自分が突き抜けているという感覚がないんです。

僕は目が点になりました。

話を聞いてみると、

はあちゅうさんは常に
「もっと本を売りたい、
こうなりたい」
という気持ちがあるため、

常に焦燥感というか
焦っている感覚が
あるそうです。

「念願だった
小説を出した時は
『小休止』みたいな
感覚はあったけど・・・」
と聞いて
びっくりしました。

「それでは
どんなに実績を積んでも、
満たされることは
ないのでは
ないでしょうか」と

率直な感想を
ご本人に
お伝えしておきました(笑)。

思ったよりずっと美人でびっくり

「思ったより」って
失礼では?
と思ったあなた。

ちょっと話を
聞いてください。

この話には
文脈があって、

ご本人がSNSなどで
「ずっとブスと言われてきた」
という趣旨のことを
書いていたのを
何回か見たことが
あったのです。

当日僕は
最前列に座って、

彼女が
話をしているのを
超至近距離から
見ていたのですが、

美人だったので、
はじめはちょっと
ドキドキしました(笑)。

という背景で、
「思ったより」と
書きました。

ご本人には
写真を撮る時に
「美人でびっくりしました!」
とストレートに
伝えておきました。

人生が変わったのは、本を出したタイミングではなかった

本を出すと、
人生が変わる。

そう思う人も
多いと思うのです。

しかし、
はあちゅうさんは
「人生が変わった」と
感じた時は、

「環境が変わった時」
とおっしゃってました。

それは、
電通をやめた時と、
トレンダーズをやめた時
だそうです。

とくに
トレンダーズをやめて
フリーランスになった時は

「怖かったけど、
おかげで金銭的にも
時間的にも
自由になれた」

とのこと。

そして、

「準備が整った時に
人生が変わる」

と言っていました。

そして、

準備を整えるためには、

チャンスが
目の前にあらわれた時に
いつでも飛びこめるように
準備をしておくこと。

だそうです。

たとえとして
出されたのは、

本を出したい人の
話でした。

「本を出したいから、出版社を紹介してくれ」と言われるが、原稿はもちろん、ブログすら書いていなくて「自分はおもしろいから」という人がいる。こういう人は紹介しようがない」

ということでした。

毎日ブログを書いたり、

日頃から地道に
やることをやっておくことが
大切だなと
あらためて思いました。

まとめ

いかがしたでしょうか。

まとめると、
意外とふつうで(失礼!)
かわいい女性で、

そこがまた、
とても魅力的に
思える方でした。

その一方、

「人とは違う、
意味のある人生を
送りたい」

という
強い信念は
感じました。

芯はとても強い
女性な気がします。

またどこかの機会で、
今度はじっくりと
話を聞いてみたいです。

僕が今まで読んだ
以下の本を
オススメしておきます。

「自分」を仕事にする生き方
はあちゅう
幻冬舎 (2017-12-20)
売り上げランキング: 28,196
半径5メートルの野望 完全版 (講談社文庫)
講談社 (2016-07-08)
売り上げランキング: 35,840

滝川より

無料メルマガやってます!

平日毎朝、気軽に読めるお手紙が
あなたの元に届きます。

登録は以下からどうぞ

4月から、自分らしい生き方を取り戻す『お稽古』 はじめます!

1年かけて、
毎月継続して学ぶ場
「スタオバプログラム」

ワークショップ情報

●3/20(水)
19時〜21時

●3/27(水)
19時〜21時

セミナー動画も提供してます!

個人セッションのお申しこみはこちらから

平日18時以降、
都内でお受けしてます。

遠方にお住まいの方でも、
オンラインで対応可能です。

Kindle本 書きました!

2016年12月8日(木)発売 700円(税別)

会社で働きながらでも自分がやりたいことを追及できる働き方を手に入れませんか?

無料メルマガ

滝川 徹のメルマガへの登録は以下からどうぞ

この記事を書いた人

滝川 徹

滝川 徹

「今から人生を楽しむ生き方」
を伝える会社員。

東証一部上場の大手金融機関で
「残業ゼロ」を2016年から実践。

個人事業主として
セミナー、
執筆活動も行ってます。

最近は曲を作るためにギターに邁進中!
詳しくはこちらをクリック

あわせて読みたい

広告